今日の朝ライドはグラベル林道へ

モンスタークロス
07 /17 2017
昨日の夕立で大分お湿りがあったので、ロード走りか林道だな?と悩みつつ就寝。

朝4時に目覚めるものの、二度寝 Zzz
やっぱ、疲れが取れないわな。

モーニングコーシーを飲んで、暑くなる前に出発です。

DSCF4662.jpg

結局、近場のグラベル林道へ。
アスファルトの上も暑いけど、未舗装路も湿気が「モワッ」っと蒸気のように上がって来るので息苦しいほど...

ヤマカガシが日向ぼっこをしていて、危うく踏んでしまうところでした。

DSCF4663.jpg

汗が止まらない。
昨日も、あんなに汗ダクになって懲りた?のに、なんで同じことしてんだろ(笑)。

見事な、切通し。

DSCF4667.jpg

薮萓草(ヤブカンゾウ)が咲いていました。

DSCF4685.jpg

とても眺めが良いです。
この景色の為に、登って来たようなものです。

DSCF4672.jpg

カッコイイ道です!!

この後、見事に自転車が倒れました。
皆さん、どうやって自転車を自立させてカッコイイ写真を撮っているのだろうか。

DSCF4677.jpg


Niner が開発しているフルサスのグラベルバイク、カッコイイですね。

以前同じようなコンセプトのフレームを見て、「そこまでやるなら、MTBでも良いのでは?」というのが個人的な感想だったのですが、MTBもラインナップする Niner が開発しているからには、何か他に理由があるのでしょう。

prototype-niner-rlt-full-suspension-gravel-road-bike.jpg

以前は、この手の自転車はロードバイク側からアプローチするか、MTB側からかという明確なものがあったかも知れないけど、もはやどちらでもない”グラベルバイク”なのかも知れないですね。

昨今コンポもミックスで使うことも珍しくないですし、ある意味SRAMが社運を掛けて?推進したフロントシングル化の流れが、このようなコンセプトの自転車の登場を助長しているような気がします。

僕が個人的に思うのは、フロントシングルの流れはあくまでも発端であり、結果としてロードとMTBの境界線(フレームもコンポも)が曖昧になって来たってことね。

あとフォーカスがちとズレるけど、こと高速巡行性に於いてはドロップハンドルは凄いと思うの。
限られた人間の力を、効率よく引き出すことが出来るのでしょうね。

prototype-niner-rlt-full-suspension-gravel-road-bike-1.jpg
(via: bikerumor.com)


シンクロシフトに拘るあまり?このような流れに出遅れた感のあるシマノですが、フロントシングルの流れにも投資しているようです。

この特許は、フロントシングル+多段スプロケットで避けられないチェーンラインの問題を解決するための特許です。

簡単に説明すると、クランク・シャフトとフロント・ギヤはスプライン勘合されており、スラスト方向はフリーになっています。
そう、フロントのギヤが左右に移動する訳です。

今後のシマノの動向にも注目ですね♪

shimano-1498476390901-8nbm107qqky7-630-354.jpg
(via: bikeradar.com)

山の神様、今日もありがとう。
早く涼しくなりますように(笑)。

DSCF4684.jpg

スポンサーサイト

モンクロ日和

モンスタークロス
03 /05 2017
病み上りと言うこともあり、妻に「血圧が上がらないように」と言われたので約束を守り、モンクロで低山散策。

いやいや昔、抜歯した後に出血が止まらなくなった前科がありまして...
自分の身体は自分が一番良く分かっているとは言いつつも、家族の忠告も聞いておくものです、ハイ。

DSCF3891.jpg

近所ではお祭りの為、御神馬が準備を進めておりました。
丁度、飾り付けの最中でした。

DSCF3883.jpg

こちらの一頭は興奮気味の様子。
まるで自転車に跨ると興奮してしまう、僕のようだ(笑)。

DSCF3885.jpg

トレイルは一見スムースだけど、パフパフ。
霜柱で持ち上げられた土が乾燥して砕け、このような路面になるんだね。

DSCF3913.jpg

モンスタークロス仕様、凄くいい。
MTBで「ヒャッハー!」って乗るのも楽しいけど、トレイルと対話しながら黙々と走るのも悪くないね。

勿論、モンクロ仕様で走っても楽しいトレイルがあるからこそなんだけどね。
自転車はフィールドありきの趣味ですからね、そこが重要。

DSCF3911.jpg

タイヤを太くしただけで、シングルトラックも随分と走り易くなった。

油圧ブレーキがベストなのは重々承知だけど、タイヤのクッションで余裕が出来た分、機械式ディスクでも操作し易い。

DSCF3925.jpg

これだけオフロードも走れて、舗装路も高速で移動出来るんだから凄いね。

兎に角、いろいろなフィールドを走りまくりたい人には、こういうバイクが嵌るんだろうね。

DSCF3927.jpg

Go to デヴ

モンスタークロス
02 /05 2017
今週は23時まで働いていたので、書きたいことは沢山あるけど更新出来ませんでした。
待ちに待った週末でしたが、一日中用事で...

夕方、知人から貰ったタイヤを Giramondo に嵌めてみました。
とうとう 52c まで成長してしまいました、Go to デヴ。

タイヤを履き替えれば、乗ってみたくなるもの。
雨もまだ降りださないし、暗くなるまで試走してみよう♪

DSC_0267_20170205213342f08.jpg

しかし、自宅から数kmで痛恨のパンク。
落ちていた画鋲を踏みました(涙)。

道端でチューブ交換していると、通り過ぎた車が戻って来て、また通り過ぎて再び戻って来る!?。

そしてウインドを開けるなり、「何やってんだよ変態ちゃん、ココ俺んちの土地だから勝手に店広げんな!」。

バイク屋のヒロシでした。
口は悪いけど、僕だと分かって戻って来てくれた模様で有り難い。

一応替えチューブも CO2ボンベも持っていたので、他愛のない話をしてバイバイ。

しかし別れてから気付いたんだけど、焦ってロード用のサドルバッグを付けて来たので、CO2のボンベの容量が16gだったんだな(汗)。

一瞬でボンベが空になり焦るも、ギリギリ乗れる位の空気圧にはなったので自宅まで戻れました。
家に帰って、反省しきり。

GW前に予定しているグラベル林道ツーリングまでには、フレームポンプを買おう。

DSC_0284.jpg

家に帰ってから、自転車部屋の突っ張りポールの位置を移動しました。
嫁から「何か自転車が大きくなって、カーテンが閉められない」とのクレーム。

壁の裏側の梁のピッチに合わせて、1ピッチ移動しました。
画像右側の天井の丸い跡が、今までの位置。

DSC_0271_20170205214823b38.jpg

一応保険の意味を込めて、ポールの上部をワイヤーで吊っています。
我が家のガラス窓は一般家庭用よりも大きな窓なので、もしも割ってしまうと大変なのよね。

DSC_0281_20170205215031e82.jpg

でもミノウラの突っ張りポール、あの大地震の時にはフルサスのMTBを掛けていたんだけど、全く問題なかったしね。
個人的には、信頼しています。

DSC_0282.jpg


グリベルのヘルメット、カッコイイなあ♪
マジで欲しい。

1111161717_5825707d5634f.jpg
(via: grivel.com)