剥離業務

昨日は本降りの雨だったので、MTBはお休みです。

故にグラベルバイクで林道を走りましたが、PROTOで林道も良いのですが替えチューブがないんですよ。
ホームトレイルならパンクしても押して帰って来れるので問題ないのですが、距離があるとね(笑)。

やはり昨晩は、かなり降ったようですね。

DSCF6845.jpg

ねむの木の花が咲いていました。

DSCF6843.jpg

今日走るのは、舗装路ルートに尾根伝いのショートグラベルを組み合わせたルート。

グラベルに向かう為に、コンクリート舗装の林道を登って行きます。
コンクリ舗装が現れたら間違いなく、とんでもない斜度の坂が現れます。

DSCF6847.jpg

林道に寸断されてしまった古道。
MTB乗りとしては、こういった素敵な道が寸断されて消滅してしまうのは実に勿体ない...

DSCF6848.jpg

尾根伝いのグラベルは水捌けも良いので、グッドコンディション。
青空も見えて来ましたよ♪

DSCF6855.jpg

銀竜草(ギンリョソウ)が咲いていました。

DSCN0030.jpg

ギンリョソウは、葉緑素を持たない腐生生物です。
薄暗い湿った場所を好むので、ユウレイタケとも呼ばれています。

DSCN0028.jpg

段々と木漏れ日も照度を増して来た。
今日は暑くなるかもしれないね。

DSCF6858.jpg

最高だ。

DSCF6857.jpg

今日は早めに切り上げ、下駄足用のMTBを組む準備。
先ずは剥離業務。

この後ヘッドの端面をオイルストーンで研いだら、全体をスコッチブライトで研磨して脱脂後に塗装です。

DSCF6865.jpg

このMTBはフロントダブルで組む都合で、久しぶりにISISのクランクで組みます。
近年はアウトボード式のBBがデフォルトになってしまったけど、トライアルではISISは現役規格です。

こちらも自家塗装してあったので剥離しました。

DSCF6862.jpg

自転車小屋から発掘した、OS用のヘッドセット。
まさか新たに組むことになるとは思っていなかったけど、取って置いて良かった。

DSCF6866.jpg

昔乗っていたMTBとは言え、組み立てるのは楽しいね♪
次の休みに天気が良かったら、塗装ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : グラベルロード Giramondo 林道 塗装剥離

グラベルライドと、話題の FREE POWER

今日は朝から快晴を期待していたのですが、ドンヨリとした梅雨空でしたね...

故に、MTBにするかグラベルバイクにするか悩んでいるうちに、毎度ズルズルと時間が経過してしまうのでグラベルバイクに。

山の上の方は霧降っているな、グラベルバイクで正解です。
火の無い所に煙は立たない。

DSCF6809.jpg

今日はダート林道でも楽しみますか♪

僕の定番ルートは、出来るだけ幹線道路は避ける。
何か見つけたら、直ぐに停車したいしね(笑)。

DSCF6810.jpg

これは、旗竿桔梗(ハタザオキキョウ)だろうか。
花弁は桔梗(キキョウ)に良く似ているがホタルブクロ属で、そう言えば花弁の付き方が良く似ている。

DSCF6834.jpg

このダート林道は、入り口までの舗装林道の斜度がえげつない(笑)。

途中、MTBの10名ほどのグループとスライド。
山を走ることに未だ精通していないのか、こちらから挨拶をしたらキョトンとしていた。

DSCF6816.jpg

良い雰囲気です♪

DSCF6817.jpg

途中、猿の群れと遭遇。
今日は MONKEY ではないので?敵視されてしまって悲しい(笑)。

俺も普段は猿なんだよー!

DSCF6821.jpg

この林道が良いのはダート区間が終っても、道の雰囲気が素敵なことです。

DSCF6833.jpg

これはキイチゴではなく、桑(クワ)の仲間の姫楮(ヒメコウゾ)です。
凄く当たり外れのある果実で、凄く甘いのもあればエグイのもあり上級者向きです。

まあ当たり外れがるなんていうのは、あくまでも人間都合ですから...

DSCF6839.jpg

雨上がりは、普段見ることの出来ない物を見せてくれるので楽しいですね。

DSCF6814.jpg

近場に良質なダート林道があることは、とても贅沢なことです。

僕等自転車は勿論、エンジン付きに乗られる方も故意に路面を掘り起こすようなことは避けて戴き、末長く楽しめることを願いたいものです♪

DSCF6830.jpg


今朝の「がっちりマンデー」、自転車ビジネス特集だったので見られた方も多かったのではないかと思います。
その中で紹介されていた FREE POWER(フリーパワー)、反響が大きいみたいですね。

FREE-POWER-HP-LP-01 - コピー
(via: olympic-corp.co.jp/cycle)

実は今だから書けるのですが5年くらい前の前職の時に、FREE POWER を発明された方が共同で開発及び製造を依頼したいと営業に来たことがあったんですよ。

しかし当時は、言葉は悪いのですが開発部が助成金目当てのプロジェクトばかりやっていたこともあり、共同開発をする運びにはならなかったんですよね。

まあ、そのお陰で僕も東京大学の実験施設に泊まりで仕事をさせて頂くと言う貴重な経験をさせて戴いたので、あまり大声では言えないんだけどね(爆)。

R0016203_20180617174125d55.jpg

FREE POWER について個人的感想ですが、スポーツサイクルにまで影響を及ぼすかは疑問ですが、体力の落ちた高齢者や電動アシスト付き自転車を買えない方にとって福音になるのであれば、十分に意義があるんじゃないかな。

当システムは、ペダリング開始時にシリコーンが変形してエネルギーを蓄え、クランクの上下死点でトルクが抜けた際にシリコーンが戻ってエネルギーを放出する訳ですが、僕が注目するのはトルクの均一化によるペダリング効率の向上だけでなく、副次的に生じるペダリング開始時のショック軽減ですかね。

ベルト・ドライブの自転車が、膝にやさしいと言われるのと同じですね。
僕の母親もそうですが、高齢者は膝を悪くしていることが多いですからね。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : グラベルロード Giramondo 林道

梅雨の晴れ間に

今日はグラベルバイクで、週末定番ルートを走りました。

98プロトに乗らないのかいって?
いやいや、昨晩に雨が降ることは予想が付いていたので、金曜の夕方にしっかり山を走りましたよ♪

DSCF6777.jpg

ギブネールは、いいね!
デュアルコントロールレバー程ではないにしろ、使い易いです。

最初取り付けボルトを締め過ぎてローにシフト出来なくなったりしたので、インデックスシフターの取り付けボルトのトルクには注意が必要です。
菊座金が入っているので、それ程強いトルクで締める必要はありません。

DSCF6779.jpg

今日は少し遅めに出発して、三峰口の「そりまち」でホルモン焼き定食を食べようと思っていました。
しかし開店時間よりも30分早く到着してしまったので、今回は別の場所へ。

エロロ君と、いつか食べに来ようと話しているので次回のお楽しみに取って置きましょう。

今日は、普段はスルーしている「道の駅あらかわ」で昼食にしました。
米を食べたかったのでチャーシュー丼にしましたよ、美味しかった!

DSCF6785.jpg

そうそう、この道の駅の売店のソフトクリームはラインナップが豊富なんですよ!
女性の方には、オススメですよ♪

DSCF6784.jpg

売店を眺めていると、鹿の角が。
へー、こんなに高価なんですね。

山を這いずり回っていると鹿の角とか山伏茸とか、下界ではお宝になる物が普通に転がっているんですよねー。
場所は教えられませんがー(笑)。

DSCF6787.jpg

今日は暑かったので、川に涼みに。
この川の水温は低いので、川面に下りると気温が5℃くらい違うんですよ。

DSCF6805.jpg

暫く涼んでいようかと思ったんだけど、雨の後だから余計に羽虫が煩くてね(笑)。

DSCF6801.jpg

雪の下(ユキノシタ)が咲いていました。

DSCF6808.jpg

今夜から、再び梅雨空に戻りそうですね。
走れて良かったです。

雨が続くと、カエルの大合唱が始まりますね♪

DSCF6775.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : グラベルロード ポタリング 道の駅あらかわ

湯の丸高峰林道 ~ 村道鳥居峠車坂線

GWは丸一日貰って、上州・信州の峠を繋いで150kmのツーリングを以前から計画していました。
しかし仕事の疲れが全く取れず体が重いので、思い切って”美味しい部分だけ”の50km程の軽いプランに変更しました。

今回は嬬恋村総合運動公園にデポ、先ずは国道144号を田代地区まで進みます。
向かって右側に見える四阿山は、まだ雪が残っていますね。

DSCF6585.jpg

向かって左側には、これから登って行く湯の丸山、西篭ノ登山、東篭ノ登山が見えます。

DSCF6586.jpg

田代の交差点で左折して、県道94号を鹿沢温泉方面へ進みます。

DSCF6587.jpg

県道94号を進んで直ぐ、「つまごいパノラマライン」との交差点に本日の目的の一つが。
帰りは少し戻ることになりますが、ネットで評判の良かった「食堂けんちゃん」で昼食を取りたいと思います♪

DSCF6588.jpg

暫くは吾妻川の支流と並走するのですが、笹原と苔むした岩の合間を流れる川が凄く綺麗でした。

DSCF6594.jpg

遅咲きの桜には、間に合いましたね~。

DSCF6597.jpg

鹿沢温泉を過ぎると、高地らしい景色になって来ました。
道幅も広く、とても走り易い峠でした。

DSCF6602.jpg

今日は本当に風が強くて、何度も自転車が倒れそうになりました(笑)。
この辺りはレンゲツツジの群落みたいなので、花が咲く頃は綺麗でしょうね。

DSCF6605.jpg

地蔵峠に着きました。
池の平湿原へ行く登山者かな?凄く賑やかでしたね。

僕は地蔵峠は2回目で、前回はコマクサ峠から地蔵峠に来て東御市に下りたのですが、今回は逆回りになります。

DSCF6606.jpg

湯ノ丸高峰林道に入り、先ずはコマクサ峠を目指します。
路肩には、まだ少し雪が残っていましたね。

DSCF6611.jpg

凄く良い雰囲気ですね~♪

DSCF6612.jpg

西篭ノ登山が真横に見えてくれば、コマクサ峠は目の前です。

DSCF6614.jpg

コマクサ峠(標高2040m)に着きました。
いつ来ても、風が強い(笑)。

DSCF6616_20180505205123ac7.jpg

前回来た時には東御市は勿論、富士山までクッキリ見えたのですが、今日は霞んで眺望はイマイチでした。

DSCF6620.jpg

さて、お楽しみのダート区間です。
ゲートは夕方には締まるので、時間には余裕を持ちたいものです。

今日は、埼玉栄の陸上部?がトレーニングをしていたんだけど、ダートなので先生は Panasonic の e-MTB に乗って指導していました。

ペダルを踏む度にモーターの音がして、ロボットが自転車を漕いでいるようなヘンな感じでした。

でも、ズルい(笑)。

DSCF6624.jpg

辛うじて、東御市が見えるかな~。

DSCF6626.jpg

湯の丸高峰林道、先月の29日に開通したばかりなので路面も良好です♪

DSCF6639.jpg

自転車の進行方向は逆ですが、いつ来ても、素晴らし景色!!

DSCF6645.jpg

下って来た道が見えますね。

DSCF6648.jpg

斜度が緩くなると、間もなく高峰温泉です。

DSCF6650.jpg

アサマ2000パーク(スキー場)のゲレンデを横切ると、今年も雪が残っていました。

DSCF6660.jpg

車坂峠(標高1973m)に着きました。

これから浅間山外輪山に登る登山者が沢山居ましたし、ロードバイク乗りも10名ほど居ました。
湯の丸高峰林道では見掛けなかったので、小諸からチェリーパークラインを登って来たのでしょう。

DSCF6663.jpg

さて、ここからは初見のルートを進みます。
村道鳥居峠車坂線です。

アサマ2000パークとの分岐を過ぎ暫くすると、ダート区間が始まります。

DSCF6671.jpg

嬬恋村方面が見えました。
あの湖は田代湖でしょうか?

DSCF6666.jpg

埼玉県の林道とは違い?とても良く整備されている印象です。
正直、羨ましい~。

DSCF6686 - コピー

後方に見えるのは浅間山の外輪山ですね。

DSCF6681.jpg

25cだと厳しいかも知れませんが、32c位のタイヤを履いていれば十分に下れるでしょう。
僕は52cなので、「下れる」ではなく「楽しく下れる」デス!!

↓ コースアウトではなく、セルフタイマーで間に合わなくて中途半端な姿勢になったの図。

DSCF6697 - コピー

ちょっと風は強かったですが、この景色を見れただけでも来た価値はありました♪

DSCF6693.jpg

林道群馬坂線との分岐を過ぎると斜度も緩くなり、気持ち良くペダルを漕ぎながら下ります。

この辺りで車のご夫婦に声を掛けられ、「下の登り口には通行止めとあったけど、通り抜けられますか?」とのこと。

上の下り口ではゲートもなく、たまたま前走の車に付いて入ったので気付かなかったんだけど、ご夫婦の言う通り下の登り口には通行止めの看板がありました。

直ぐに嬬恋村のHPを確認したんだけど、鳥居峠林道のことしか書いていないんだよね。
地元の方にも聞いてみたのですが、皆普通に通っているとのことでした。

そんなことがありましたので、村道鳥居峠車坂線を通る方は、事前に嬬恋村に確認をした方が安心かも知れません。
参考までに。

DSCF6703.jpg

村道を気持ち良くダウンヒルすると、小武沢で「つまごいパノラマライン」とぶつかります。
「つまごいパノラマライン」の先に食堂があるので、もう一度登り返します。

メシの為なら仕方ない(笑)。

DSCF6708.jpg

パノラマラインと言うだけあって、見晴らしも良いです♪

DSCF6710.jpg

パノラマラインを登って下った先に、お待ちかねの「食堂けんちゃん」です。

口コミを見ると、お勧めは”豚もつ煮込み定食”か”とんかつ”が人気みたいなので、僕は前者を選択(850円)。
威勢のいいオバちゃんに怒られながら(でも親切)注文を取って貰い、食べたかったご飯が出て来ました~♪

DSCF6713.jpg

もつは、クセも無く凄く柔らかくて美味しかったです!
この「食堂けんちゃん」、鹿沢温泉で一番有名な食堂らしいのですが、また来てみたいと思いました。

仕事人や近所の家族連れが多い感じですが、そういうのが嫌でなければオススメです!!

DSCF6714 - コピー

距離 47km 獲得標高 1548m
ダート林道も十分に楽しめ、高原らしい爽やかなライドとなりました♪

Screenshot_2018-05-05-21-48-58.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 林道 グラベル グラベルロード モンスタークロス 地蔵峠 コマクサ峠 車坂峠 嬬恋村

ミッション 出来るだけ未舗装路を通って焼き肉を食べよ!

金曜日は久方ぶりに有休を取り、整形外科に行ったついでに確定申告を提出して来ました。
税務署が、こんなに混雑しているのを見たのは初めてだ。

DSC_0287_20180310170410e05.jpg

午後になりカミサンが「初詣に三峯神社でも行こうか!」と言うので、行って来ました三峯神社。
我が家は何事もマイペースなので、ちと遅い初詣です(笑)。

霧の中の三峯神社も、幻想的でした。

DSC_0289_201803101706204f7.jpg

さて本当に3連休何て久方ぶりなので、自転車に沢山乗りたいのですが大雨の後ですからね。
土曜日はグラベルバイクに乗ることにしたのですが、何を思ったか焼き肉を食べたいと思いました。

「あ~20年ぶりに、あの焼き肉喰いてえな」と思い立ったので、昔良く食べに行った焼き肉屋の定食を食べに行くライドに決定。

この手のライドならグラベルバイクを所有しているエロロ軍曹を誘いたい所ですが、卒業式&始業式シーズンで忙しいということなので、今日は下見と言うことで(笑)。

寝る前に地形図を引っ張り出して睨めっこ。
未舗装の林道を3本繋いで行く、変態的なルートを引いてみました。

さて、起床してみると薄曇り...
カミサンにコーヒーを入れて貰い空を眺めていると、明るくなって来た!

見れば、甲武信ヶ岳の三峰は冠雪しています!
さあ、僕も出発です♪

DSCF6073.jpg

今日は外秩父山塊を林道を使い抜けて、比企丘陵まで走ります。
僕等秩父の人間は、あまり外秩父という言い方はしないんだけどね。

先ずは舗装林道を登りますが、のっけからとんでもない斜度です。

まあ林道規格の道だと、こんな斜度も珍しくありませんからMTB並みのギヤ比も必要になって来る訳です。

DSCF6075.jpg

馬頭観音ではなく、牛頭観音の石碑が。
斜度がキツイので、牛の方が向いていたんでしょうね。

この地では馬は勿論、牛、犬がソリを曳いたと言われている道が沢山残っています。

僕等がMTBで走っているトレイルは廃道となった古道が多いので、探索の為に地形図は勿論、歴史的背景まで調査しています。

ある集落では馬にソリを曳かせようとして買って連れて帰ったものの、集落内の斜度が急すぎて馬では曳けず、一生馬小屋で過ごした馬が居たそうです。

馬の気持ちは分からないけど、出来れば外で労働して一生を終えたかったのか、それとも馬小屋で平穏に?暮らせて良かったのか?何方が良かったのでしょうかね...

馬頭観音をはじめ、このような石碑は、貴重な労働力となる馬や牛の健康と安全を祈願して建立されたもので、江戸時代前後に多く建立されたようです。

上記した数奇な運命を辿った馬も、最後まで大事にされたと思いたいものです。

DSCF6074.jpg

舗装の林道を登り、1本目の未舗装林道に入ります。
ここから更に標高を上げて行きますよ!

DSCF6102.jpg

凄く良いタイミングでしたね~♪

DSCF6099.jpg

今年最後のスノーライドかな?
いやいや、桜が咲いても降るからなー(笑)。

DSCF6100.jpg

この林道は、最高でした!!

DSCF6112.jpg

さて一旦舗装林道に出てから、2本目の未舗装林道に接続します。
2本目の未舗装林道も、入り口付近はスノーでした。

MTBのタイヤ跡がありました、先行者が居たようです(笑)。

DSCF6114.jpg

こちらの林道は、登り返しはありますが基本的に下り基調。
700x30c のタイヤの時は下れても楽しくなかったけど、今のタイヤなら下りもガンガン行けて楽しいです♪

DSCF6115.jpg

グラベルバイクと言っても僕の場合グラベル率が比較的高いので、マウンテンドロップに換えてみたいなあ。
醍醐漫さんは NITTO の RM-3 の580mmを使っていると言っていたから、それにしてみようかな。

オフロード特化ならフラットバー一択なんだけど、アプローチの事も考えるとドロップバーなんだよね。
あと、シフターもギブネールにしたくなって来た(笑)。

DSCF6117.jpg

また舗装林道に出て、数百メートル走って次の林道を目指します。

DSCF6119.jpg

ようやく、外秩父の縁に到着。
関東平野が一望出来ました♪

DSCF6120.jpg

そして、3本目の未舗装林道に入りました。

何だか秩父から出たら、一気に暖かくなりました。
雪も全くないですね。

DSCF6124.jpg

この林道も、入り口付近は人工物が多く目に入ってアレだったけど良い雰囲気の林道でした。

今日走った3本の未舗装林道共に乗車率100%で、良質な林道でした。

エンジン付きに掘り返されていないのが大きいんだろうね。
実際に、モーターサイクル進入禁止の看板も見受けられました。

DSCF6128.jpg

この辺りも面白そうなトレイルがありそうですが、兎に角ハイカーが多いですね。
これには正直、驚きました。

DSCF6129.jpg

最後は、舗装の林道を繋いで里に下りて行きます。
炭焼き窯からは、まだ煙は出ていませんでした。

DSCF6130.jpg

ようやく里に下りて、比企丘陵に入って行きます。
途中で、和菓子屋さんの老舗「小松屋本店」さんに寄りました。

サイクルラックも完備していますし、ワイヤー鍵も用意されていましたよ♪

DSCF6136.jpg

僕が買ったのは、補給用に彩の木の葉と、生チーズあずき。
生チーズあずきは、家族用のお土産です♪

DSCF6134.jpg

彩の木の葉は、どら焼き風のお菓子なのですが、小豆にクリームチーズが練り込まれています。
とても美味しかったですよ。

DSCF6135.jpg

さて遠路遥々?目的の店である「焼肉 八芳」に着きました!
でも「アレッ?やってない?」(汗)。

焼き肉屋は夜だろうとおっしゃることも分かりますが、20年前は昼もやっていて絶品の焼き肉丼が食べられたとですよ。
まあ、20年以上前のことなんだけどね(笑)。

実は途中で県警のポリスメンと交通安全協会の人とお喋りして来たんだけど、「おらぁ、これから八芳に行くんだい」と言ったら、「この時間にやってますかね~?」とポリスメン。

一気に不安になっていたとですよ(不安的中)。

DSCF6137.jpg

切り替えの早い僕、この地域で最も有名な太田ホルモンに向かいます。
勿論コチラも夜の営業だとは知っていますが、ダメ元ってヤツですよ。

結果は、案の定ってヤツですね...

まあ此処まで片道40kmで、そのうち未舗装林道を20km弱走ったので、焼き肉は食べられなかったけどミッションクリア?

帰るゾ!

DSCF6138.jpg

帰る途中にラーメン屋があるだろうと帰路に着きますが、僕の悪い癖で山へ山へと向かってしまいます。
ちっとも、ラーメン屋が現れません。

そのうち血糖値が下がったのか「ラーメン屋でいいや」から「ラーメン喰いてえ」に代わって行き、猛烈にラーメンを食べたくなりました。

そして辺鄙な場所に、ちょっとお洒落な感じのラーメン屋が現れたので飛び込みました。

僕 : 「ラ、ラ・ラ・ランド下さい」
店員 : 「ファ?」
僕 : 「あっいや、エマ・ストーンが好きなんです...」
店員 : 「ファ??」

あの時僕は、なんであんなことを言ってしまったのでしょうか?
今考えると、ラーメンのせいだとしか考えられないのです(怖)...

画像はセット物で頼んだので少なめですが、細麺で美味しい塩ラーメンでした♪

DSCF6139.jpg

帰路は猛烈な向かい風の中を帰りました。
昨日通過した低気圧の”吹き返し”でしょう。

DSCF6141.jpg

帰りも、出来るだけ地道を通ったり楽しく帰りました♪

距離 76km 獲得標高 2325m。
未舗装路は往路にしか使いませんでしたが、3本の未舗装林道を合わせて20km弱って所かな。

今回のルートは中級者以上でないと難しいかもしれないけど、もっとコアなルートも引いてみたいな。
楽しみ♪

DSCF6143.jpg

一つ言えることはMTBでもグラベルバイクでも、良いルートを走ると機材のことなんて二の次になるね。
Ride On!

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : グラベルロード モンスタークロス 林道 MASI Giramondo

プロフィール

Danny T

「首都圏の秘境」と呼ばれる地を走る、雑食系バイカーのBLOGです♪

過去に腰椎骨折、椎間板ヘルニアでも、楽しく乗ります!

Author:Danny T


t_20130311192032.gif















カテゴリ
月別アーカイブ
リンク