真に不可思議な、地下牢と呼ばれる道

パスハンティング
06 /04 2017
前回失敗した不可思議な道に、再チャレンジして来ました。

僕が住む街は山国、山は標高こそ余り高くありませんが、とても山深いのが特徴です。

故に、無数の林道が作られています。
あまりにも林道が網羅している為、秘境感を損なうと嘆く方もいらっしゃるようですが(笑)。

スケールの大きな林道は信州や四国には敵わないと思いますが、こじんまりとした優良なダート林道も多く残っています。

しかし、数が多ければ変わり種も出てくる訳で...

有名処では、林道なのに立体交差する奥秩父林道とか、険悪さに掛けては右に出るの者がないであろう大洞林道など個性には欠きません。

そんな個性的な林道が多い中で、一際不可思議な林道が存在します。
タイトルに記した、地下牢と呼ばれる道です(実際は異なる呼び名ですが、お察し下さい)。

勿論これは正式な名称ではなく、一部のコアなマニアの方々の間で使われている名称です。


ところで、一体何が不可思議なのでしょうか。
一つ目は、地形図を見ると判ります。

この道は舗装林道から、破線の登山道、そして実線の車道へと続き、最後は行き止まりになります。

あれっ!何かおかしくないですか?
登山道の先に車道があってもおかしくはないけど、その先は行き止まりなんです...

a_201705282351182d9.jpg

もう一つは、航空写真を見ると判ります。
林道が地下牢の如く、複雑に這いまわっているのです。

2017052522072917f_2017052823205400a.jpg

僕も暇さえあれば地形図を眺めたりグーグルアースを見ているので、この不可思議な地形には以前から気付いていました。

僕はどちらかと言うとMTBでシングルトラックを走るのが専門なので?調査は後回しになっていたのが実情です。

しかし、季節柄お湿りが多くなって来たので、調査してみようという訳です。

この道への敷居が高いのには理由があり、大崩落があったためです。
画像の大崩落の最上部に、本来の道があったのです。

なので詳しい地名等は載せませんが、悪しからず。
軽い気持ちでは近づいてはいけない場所だと思ってください。

DSCF4340.jpg

舗装林道から未舗装の林道を経て、登山道になります。
丁寧に作られた道だと伺えますが、とてもこの道幅を重機が通れるとは思えません。

DSCF4452.jpg

登山道を登って行くと、渓流釣りのオジサンに追い付きました。
とても気さくな方だったので、15分ほどお喋りをしながら一緒に歩きました。

この辺りの道に精通しておられる方で、色々な話を聞くことが出来ました。
別れ際に、「ここらは熊の巣窟だから気をつけろよ!」と言われ、先を急ぎました。

エゴノ木の花が咲いていました♪
実は、石鹸代わりにもなるんですよ。

DSCF4445.jpg

前回見逃した分岐を、正しい方向に進みます。
木道に差し掛かると、「はっ!」っとするような景色が飛び込んで来ました。

幽境な雰囲気の、渓谷でした。
この時は、安いコンデジしか持って来なかった自分を恨みましたね。

DSCF4458.jpg

地形図の通り、ダブルトラックになりました。
一体どうやって重機を運び込み、道を作ったのでしょうか?

DSCF4462.jpg

ダブルトラックと言えど、強烈な九十九折れで高度を稼いで行きます。
数十メートル押しては休んでの繰り返しです。

DSCF4463.jpg

林内作業車のデルビス号です。
皆さん珍しがるようですが、近所に現役で働いているデルビス号を子供の頃から見ているので...

まあ、好きな乗り物ではありますね!

DSCF4484.jpg

そして大崩落に到着しました。
大崩落の先に、道の続きだった平坦な部分が見えます。

DSCF4474.jpg

崩落してから数年経過していますが、未だ草木も生えないくらいの斜面です。
このような現場を見ると、自然の力に畏怖の念を感じずには居られません。

大崩落

大崩落2

大崩落を乗り越え?更に進みます。

DSCF4482.jpg

航空写真で見た通り、畝りながら高度を稼いでいることが分かります。

DSCF4496.jpg

小規模な崩落が連続している地点に差し掛かりました。

DSCF4500.jpg

道は荒れていますが、眺望も素晴らしくテンションが上がります。

DSCF4508.jpg

今まで登って来た道が、眼下に見えています。

DSCF4514.jpg

山田入林道にも負けていないんじゃないか?なんて思いながら、頑張って登ります!

DSCF4522.jpg

標高も1000m近くなって来たので、景色も素晴らしい!!
地元に、こんな凄い林道があったなんて驚きです。

DSCF4524.jpg

空に駆け上がるような気分です。
登りなので、遅いですが(笑)。

DSCF4528.jpg

この辺りは非常に獣臭く、恐らくカモシカのマーキングの匂いでしょう。

DSCF4531.jpg

そして林道の終点です。
その先はシングルトラックになり、稜線に出ると山頂まで登ることが出来るようです。

地形図を見ると、山の反対側の林道の終点との距離が直線で約500m。
将来的に繋がったとしたら、素晴らしくも険しい林道になりそうで楽しみですね♪

DSCF4535.jpg

終点から、登って来た方向を振り返って見る。

DSCF4534.jpg

全ルートを走破して達成感はあったものの、謎は益々深まるばかりです。

色々と調べてみた所、現在登山道の部分は昔は車両が通れる位の幅があったという記述もあるのですが、どうなんでしょうね。

道の状態は良好ですが、崖をへつるように作られた道が殆ど。
とても不思議です。

今現在ハッキリ言えることは、国土地理院の地形図は間違っていなかったってことでしょうか(笑)。

DSCF4552.jpg

24"ミッドファット、なかなか楽しいでござい♪

渓流釣りのオジサンも、「コイツはなかなか登れる自転車だぞ」と言って下さいました。

DSCF4511.jpg

山の神様、今日もありがとう。

スポンサーサイト

真に不可思議な道、索道失敗

パスハンティング
05 /28 2017
土曜日は残業の後に車を飛ばし?群馬県の映画館に。
なんとかレイトショーで、「BLAME!」を観ることが出来ました。

ストーリーとしては、原作の電基漁師の集落でのエピソードにスポットを当てた感じでしょうか。
原作のコアなファンには物足りない部分もあるかも知れないけれど、僕は十分に楽しめましたね。

コアなファンには有名な「シャキサク」ですが、今作では新しい解釈?で登場したりします。
そんなことからも、コアなファンの為にも見所を作ってくれているような気がしました。

それともうね、ヅルが文句なく可愛いですね!
原作では素朴な女性でしたが、今作のヒロインなのでね。

もう一人のヒロインのシボ姉さんはクール&ドライ(Tシャツみたい)だけど、集落の人の為に統治局に掛け合うなど案外面倒見が良くてね。

そして今作でも屍→人型→腕だけ(爆)と、3形態披露していますが、人型のシボはやっぱり可愛いです!最高です!

キリイは原作通り寡黙で、シボがいい感じで通訳してくれてますね(笑)。
ラストで、ヅルの気持ちにも気付いていてサヨナラをする辺り、無口でいい奴って感じで好きですね。

サナカンも可愛いので、サナカン好きの方にもオススメです。

残念だったのは、既にパンフレットが売り切れだったこと。
勿論、限定で配布されるフィギアも無かったです。

期間中に時間が取れれば、もう一回見ても良いかなと思いました。
勿論、DVDは買いますね。

パンフレットが買えなかったので、今作とは関係ありませんがDVD化された BLAME! の2作品。
今夜は、これを見返してみたいと思います。

DSCF4418.jpg


今日は朝まで雨が残っていたのでトレイルライドは自重し、林道探索に出掛けました。
この地には知る人ぞ知る、真に不可思議な道が存在するのです。

しかし結果から言うと、ルートをミスして完全な山登りになってしまいました。
今日の反省点を基に、いつか再チャレンジしてみたいと思います。

と言うことで、何が不可思議なのかは次回があれば、その時に。

DSCF4352.jpg

山に入ると、酸味掛った匂いがして来ました。
正体は、藪手毬(ヤブデマリ)の花でした。

雨粒を受けて、元気一杯です。

DSCF4348.jpg

丸い石に苔が生えて、まるでマリモのようです。
どの位の年月を掛けて、ここまでなったのでしょうか?

DSCF4357.jpg

沢には、姫蓮華(ヒメレンゲ)が沢山咲いています。

DSCF4366.jpg

ザラザラで崩れやすい路面です。

DSCF4370.jpg

二人静(フタリシズカ)。

DSCF4380.jpg

今日の相棒は、Monkey 98ST6 24"Ver. です。

何故にこのバイクなのかと言うと、山の中を引っ張りまわすのに小径の24インチホイールは有利かなと。
一番の突起物である、ホイールが小さい訳ですから。

個人的な考えですが、山サイには24インチが意外と向いているのではないかと。

しかも24インチのミッドファットタイヤが出たことにより、軽量なカーボンのリジッドフォークと組み合わせれば、軽量で走破性の高い自転車になりそうです。

DSCF4393.jpg

ちょうど Grunge から 15mmTA のフォークが出たのですが、テーパードヘッドなんですよね...
OSコラム仕様を出してくんないかな(9mmQR仕様ならあるが)。

無2

今日の道も所々こんな感じで担いでいましたから、軽い方がいいに決まっていますね(笑)。

無題

湧水が真っ黒い岩の上をを流れているんだけど、あまりに黒光りしていて重油みたいだ。

DSCF4372.jpg

今回のミスは、分岐を一つ見逃してしまったこと。
もっと頻繁に地図を見ないとダメだね、反省。

DSCF4376.jpg

しかし、この破線の道も優先順位は低かったけど、いずれ調査する予定だったので良しとしましょう。

下りは結構乗車出来たしね。

b_201705290008061a8.jpg

c_20170529001512959.jpg

水が豊富な山です。
今日は、かなり奥深いところまで進みました。

DSCF4403.jpg

驚くべきことは、これだけ山深いのに遺構が多く残っていることでした。
昔の人は、これ程までに山奥に入って仕事をしていたんですね。

DSCF4346.jpg

こちらは完全に潰れた、山作業のための詰め所かな。

DSCF4378.jpg

再度の挑戦を誓って...

DSCF4402.jpg

再び麓に帰って来ました。

山奥の林道は、殆どこんな感じ。
もう少しで、標識も埋もれちゃいそうです。

DSCF4416.jpg

渋峠 ~雪の回廊~

パスハンティング
04 /23 2017
土曜日は相方にライドに誘って貰ったんだけど、メインバイクのホイールが壊れているのでホイールの組み替え。

色々あって取りあえず今回はチューブドで運用しようと思い、面倒でもシーラントの除去を行っていると「痛てっ!」。
木の破片が見事に刺さって貫通していました。

いやはや、シーラントは偉大ですね。
まあ DirtWizard は軽いだけあって、ペランペランなタイヤですからね。

DSCF4051.jpg

今日は、金曜日に開通したばかりの渋峠に行って来ました。
本当はGWに予定していたんだけど、今年は雪が多く残っているらしく我慢できませんでした(笑)。

それと天気予報で、今日は良い天気になると言う話しだったもので...

拠点にさせて貰ったのは、道の駅「草津運動茶屋公園」。
6時前に着いた時には、駐車している車も少なかったです。

DSCF4054.jpg

少し仮眠して、7時20分に出発。
草津温泉を横目に見ながら、ヒルクライムの始まりです。

この辺りは暖かくて、アウターを脱ぎました。
このまま良い天気になると良いのですが!!

DSCF4058.jpg

殺生河原手前の「殺生ゲート」は8時からゲートオープンなので、ゲートオープン後に到着できれば良いと思っていたのですが、予想よりも早く10分前に到着してしまい待つことに。

停まると寒い...
レストハウスは勿論開いていません。

DSCF4062.jpg

ゲートオープンの瞬間。
しかし「殺生ゲート」って、良く考えてみると凄い呼び名(笑)。

この時間から待っていたサイクリストは、僕を含めて4名いらっしゃいました。
もっと余裕を持てば良かったって?今日は市長選なので早めに戻るですよ。

DSCF4061.jpg

殺生ゲートを過ぎて直ぐ、殺生河原です。

硫化水素の匂いが強烈ですが、空気を吸わないと死んでしまうのが人間様。
思わず「臭っせえ~」と叫んでしまいました。

DSCF4065.jpg

順調に高度を上げて行きますが、雲行きが怪しくなって来ました。
気が付けば木々が霧氷に。

雪と強風に曝されて内臓が冷えて来た気がしたので、アウターを羽織ります。

DSCF4073.jpg

向かい風で進まないは、横風で30cm位い勝手に平行移動するは散々です。
もう手足が冷え切って来ました。

今日は安定した晴天だと聞いていたのに~!!
周りは真っ白だし寒いしで、山田峠辺りは全然楽しくなかったな(笑)。

DSCF4077.jpg

ようやく第一の目的、「雪の回廊」です。

青空がバックだったなら最高でしたが、こればかりは仕方ありませんね。
今年は例年よりも、雪の壁は高いそうですよ。

DSCF4083.jpg

僕が訪れた時は人も疎らで、落ち着いて写真を撮ることが出来ました。
帰る頃には、人が多くて大変そうでしたが...

グリーンのタイレルに乗られている方とはペース配分が同じで、下から上までほぼ一緒でした。

昨年の夏にも来られたそうですが、あまりの悪天候に「同じ場所とは思えない!」と笑っていました。

DSCF4084.jpg

雪の回廊を抜けると、日本国道最高標高地点です。

親切な自転車乗りの方がガタガタ震えながら、「写真撮ってあげますよ~」と声を掛けてくれました。
寒い中、ありがとうございました♪

この方の話だと、気温は-5℃とのこと。
かなりの強風だったので、体感温度は更に低かったと思います。

DSCF4091.jpg

渋峠ホテルに到着しました。
外気から身を守るもののない2輪乗りにとっては、本当にありがたい。

DSCF4094.jpg

証明書も発行して貰いました。
100円でした。

楽しみにしていたパン屋さんは早すぎたのかな?まだ営業していませんでした。
トイレは募金制なので(高所なので水は貴重)、小銭はあった方が良いと思います。

DSCF4096.jpg

もう少し待てば天気も回復しそうなので、プラプラと。
重機マニアにはたまらない?

DSCF4098.jpg

青空と雪雲の攻防に決着が付かないので、諦めて帰ることにしました。
雪の回廊を過ぎた辺りから青空が優勢になり、綺麗な景色が見えて来ました。

DSCF4102.jpg

この時間になると、続々とサイクリストが登って来ました。

DSCF4106.jpg

今日は遅く登り始めた方が正解だったようですね。
まあ、そういう時もあるさ!

下りは、すっかり気温も上がって最高に気持ちよかったです♪

DSCF4109.jpg

動画も撮って見ました、勿論下りですが。
ほぼ全区間駐停車禁止なので、動画なら後で見れますし。

可能であれば、HD 1080p でご覧ください。



有間峠

パスハンティング
10 /25 2016
今朝は大分冷え込んで、長野県で初霜を観測ってことでしたが、我が家でも初霜を観測しました。
これで下草が枯れてくれれば、雪が降るまでは最高のシーズンなんですけどね。

大した話ではないのですが、Blogをやっている方で他にも「山人」って名乗っていらっしゃる方が居るみたいで。
あなたが知っている「山人」は、きっと僕ではありませんので宜しくお願いします(笑)。

DSC_0254_20161025211304351.jpg


日曜日の話。
朝ライドで、奥武蔵最高標高(1142m)の有間峠に行って来ました。

DSCF3321.jpg

秩父から山伏峠を越えて、飯能市名栗へ。
山伏峠の飯能側の登り口には、大勢のヒルクライマーが居ました。

険しい秩父側と異なり、名栗側はなだらかで快適ですね。
ここでも山伏峠に向かうサイクリスト大勢と、すれ違いました。

DSCF3290.jpg

祭りをやっている名栗を通過して、有間ダムへ。
後で知ったのですが、あそこが有間峠らしいです(笑)。

DSCF3292.jpg

ここでも多くのサイクリストが休憩していました。
僕も休憩を予定していましたが混んでいたので、そのまま林道へ向かいます。

DSCF3295.jpg

アレレ?変な陽気が続いたので、季節を勘違いしちゃったかな?

DSCF3296.jpg

有間渓谷観光つり場を過ぎると、林道のゲートがありました。

DSCF3299.jpg

初めて見るタイプの砂防ダムです。

DSCF3301.jpg

しばらく逆川沢と並走するのですが、夏場はドボン出来そうな場所がありますね(笑)。
小さな滝も多く、飽きないですね。

DSCF3303.jpg

しばらくは一気に高度を上げるので、斜度10%越えの勾配が続きます。

DSCF3304.jpg

有名な?大名栗林道のゲートは閉まり、通行止めになっていました。

ここで、ソロの女性のツーリストに声を掛けられました。
凄いですね、本当に感心しますね。

DSCF3305.jpg

蕨山方面に行く林道との分岐を過ぎ標高が1000m付近になると、等高線沿いに林道が走るので斜度が落ち着きます。
2つ「だまし峠」がありますが、足を休められるので嫌いではないですね(笑)。

DSCF3308.jpg

だまし峠のアップダウンの先に、本当の峠があります。
有間峠に到着しました。

DSCF3325.jpg

眺望も素晴らしいです。
都心方面らしいですが、どの辺りかは分かりません(笑)。

DSCF3312.jpg

登り口にあたる有間ダムも、遥か眼下に見えました。

DSCF3319.jpg

この後は、秩父側に一気に下りました。
下りと言うのも勿論あるんだけど、秩父側の方が気温が低かった。

深い谷に囲まれた浦山の集落は、縁日でした。
煌びやかで立派な笠鉾に、思わず足を止めました。

DSCF3332.jpg

この後は浦山ダムを抜け、秩父市街に。
昨日の山サイの疲れが思っていた以上に残っていましたが、無事走破出来ました。

有間峠は通行止めになることが多く、落石等で路面状況も悪いとの事前情報でしたが、予想以上に路面状況は良かったです。

DSCF3316.jpg

距離 78km 累積標高 3866m
朝ライドにしては、ヘヴィーだったかな(笑)。

林道山田入線 ~ 万座峠 ~ 毛無峠 ~ 林道湯沢線 その②

パスハンティング
10 /04 2016
林道山田入線 ~ 万座峠 ~ 毛無峠 ~ 林道湯沢線 その① からの続き。

万座道路を進み、長野県から群馬県に入ります。
若干ですが群馬県側の方が、木々が色付いているように感じました。

DSCF3113.jpg

折角ここまで来たので、県道122号に左折してケナッシーじゃなくて、毛無峠にも寄ることにしました。
毛無峠に向かう途中で、ロードに乗った2人組みとすれ違いました。

青空と霧が攻防を繰り広げており、空の様子が目まぐるしく変わります。

DSCF3114.jpg

破風岳をバックに。
この5分間ほど、ガスが晴れました。

DSCF3116.jpg

アチャー・ダンべーの国境。
因みに僕の地元では、ダンべェですね。

DSCF3122.jpg

お約束!!

DSCF3117.jpg

この先で県道112号が途切れている、群馬県側。

DSCF3119.jpg

山で食べるハンバーガー is 最高。

DSCF3125.jpg

休憩している間に、辺りは真っ白けに...
さあ、林道湯沢線で帰りましょう。

DSCF3128.jpg

昨年も同じ時期に走った、林道湯沢線。
砂利が深いものの、かなり状態の良い印象でした。

DSCF3139.jpg

しかし今年は雨が多かったからでしょうけど、下り始めて直ぐに川床のような路面に変わりました。

MTBなら余裕ですが、流石に40cのタイヤでもキツイですね。
おまけに湯沢林道は、総延長17kmです...

DSCF3140.jpg

竜胆(リンドウ)の花季に間に合うかと思いましたが、残念ながら終わっていました。
もう木の葉が、こんなに色付いていますからね。

DSCF3143.jpg

眺望も素晴らしいのですが、ガタガタガタ 振動が凄くて余裕がありません(笑)。

DSCF3149.jpg

振動でチェーンが落ちたのに気付かずにペダリングしたため、フロントディレーラーをひん曲げる(涙)。
迷っている暇はない、手曲げ修正でOK!

バーコンでFD側はフリクション(Non Index)なので、どうにでもなるんで御座います。

DSCF3151.jpg

林道終盤に現れる「えんま橋」を越えると、ようやく路面が良好に♪
一気に下ります!

DSCF3154.jpg

森の中を水が流れている。
この辺りは、本当に水が豊富ですね。

DSCF3153.jpg

湯沢林道を走破し、福井原の集落を経て万座道路(県道112号)に合流しデポ地へ。
今回は山田入線と湯沢線を合わせて約25kmのダート林道でした。

DSCF3093.jpg