藪に阻まれ、勇気ある撤退

パスハンティング
10 /01 2017
今月から相方と休日が合いそうなので、トレイル整備強化月間になりそうかな!

ってことで?その前に標高1600mまで登って、笹原のトレイルと落ち葉の古道を走って来ようと思いました。

アプローチに使う林道が11月下旬には冬季通行止めになってしまうので、そんな焦りもあったり?

午前7時に出発、気温は8℃。

流石にアウターを羽織らないと、寒くなって来ましたね。
まあヒルクライムし出すと、直ぐに脱いじゃうんですけどね(笑)。

R0017713.jpg

今日は一旦1500m以上の峠まで登って、勿体ないけど反対側に下りて、今度はダート林道で登り返してからシングルを押し上げる行程。

先ずは距離にして16km、標高差900mのヒルクライムをやっつけます!

流石にキツイな~。
24インチのミッドファットタイヤだと、タイヤが唸るばかりで進みません(笑)。

R0017722.jpg

ようやく標高1500m付近まで登って来ました。
山が幾重にも重なって、群青のグラデーションが素晴らしい。

R0017727.jpg

峠の反対側は、カラマツが微かに色づいています。

苦労して16km登って来ましたが、一気にダウンヒル。
ダート林道の入り口を目指します。

R0017782.jpg

峠を降りたところに、林道の入り口はありました。

再び登り返しですが、今度は標高差300m。
しかしダート林道なので、舗装路のようには行きません。

カラマツとシダ類の林道を進みます。

R0017739.jpg

峠の取り付きのシングルまで、ひたすら登ります。
最初の峠で、かなり足を使ってしまったのでキツかったなあ。

でも最高のトレイルを走れれば、そんな苦労だって!

R0017742.jpg

んが、しか~し、トレイルの入り口の藪が酷くルートが全く分かりません。

そっか~、ちょっと時期が早かったかな。
カラマツの林だから安心しきっていたけど、下草が枯れてからでないとね。

入り口は勿論、尾根に出てからも分岐が多いトレイルなので、安全を優先しました。

山は逃げません。
残念ですが、今回は勇気ある撤退となりました(涙)。

R0017752.jpg

Monkey 98ST6 パスハン仕様ですが、ハンドルバーをフラットバーにしてみました。
悩んだ末にボトルケージを付けましたが、やっぱり邪魔になりますね。

登ったダート林道を再び下る羽目になった訳ですが、結構なペースで下ってもカーボンフォークは大丈夫でした。


R0017757.jpg

フラットバーは昔使っていた1インチのバーですが、計ったら150gと意外に軽量でした。
んでも、ちょっと短すぎる気がするので(590mm)戻すか悩みチウ。

R0017776.jpg

苦労して登った峠を、今度は反対側から登って再度峠へ。
峠にはモトバイクの方が居たのですが、暫しお喋り。

話すと、同じ地元の方でした。
さりげなくバッグからリンゴとナイフを取り出し、リンゴを半分に切ると下さりました。

盛岡のリンゴと言う事でしたが、峠を登った後には最高の御馳走でした♪
良い出会いとなりました。

R0017785.jpg

今回はパスハン失敗だった訳ですが、一応覚書に。
距離48km、累積標高2549m。

モンスタークロスで距離120km 5000mUPの時と同じくらいキツかったなあ。
MTBで、この手のライドは「乗った感」がハンパないですね。

Screenshot_2017-10-01-17-22-23.jpg

下草が枯れて、尚且つ林道が閉鎖される前となると限られてしまうのですが、機会があれば再度挑戦したいですね。

笹原のトレイルと、落ち葉の積もった古道、最高じゃないですか~♪

R0017778.jpg

さ~てトレイルシーズンを前に、今月からはトレイルの整備を頑張るぞ~!!

スポンサーサイト

パスハンティング 星尾峠 ~ 田口峠

パスハンティング
09 /10 2017
太陽フレアの影響で気が触れたので、パスハンティングして来ました。

佐久市内の運動公園を拠点に、出発です。
帰りに登り返しは御免なので、先ずは内山峠を目指して登ります。

家でウダウダしていたので、太陽が昇って来てしまった。

DSCF5175.jpg

正面に見えるのは空母荒船じゃなくて、独特な山容の荒船山です。
今日は、あの山の南端まで登る予定です。

気が遠くなるな(笑)。

DSCF5178.jpg

内山大橋の手前を左に逸れ、黒田の集落方面へ。
田舎道なので、落ち着きます。

暫くすると、内山大橋の下を潜ります。

DSCF5181.jpg

舘ヶ沢の集落を抜けると、此処から林道 星尾線の始まりです。

DSCF5186.jpg

ここから斜度がキツクなります。
舗装路ですが、アスファルトではなくコンクリートの舗装です。

DSCF5193.jpg

数年前に大雨で沢が決壊して壊れた道も、綺麗に補修されていました。

DSCF5199.jpg

姥百合(ウバユリ)の蒴果(さくか)。

DSCF5203.jpg

林道の突き当りに、荒船不動があります。
森の中にひっそりと。

DSCF5208.jpg

水場もあります。

DSCF5213.jpg

澄んだ池の中に、石碑があります。
水に関係するものを、祀っているのでしょうか。

DSCF5214.jpg

荒船不動の境内横まではダブルトラックが続きますが、一旦林道 星尾線はここで途絶えます。

ここからは完全に登山道になります。

DSCF5217.jpg

登山道は良く整備されていますが、勿論乗車は出来ません。
押しか担ぎの、二択ですね(笑)。

DSCF5220.jpg

倒木も歩きに差支えのない物は、勿論そのままです。
自転車が引っ掛かります。

DSCF5227.jpg

だんだんと空が明るくなって来ました。
カーブを曲がると、向こう側が明るい!

あれっ?先週も似たような光景を見たような(笑)。

DSCF5230.jpg

着きました、今日の目的地の星尾峠です。
古くから、パスハンティングを嗜まれている方達に人気の峠の一つです。

峠には5人のパーティーの、ハイカーさんがいらっしゃいました。
皆さんMTBに興味津々で、楽しいお喋りが出来ました。

スイスはゲレンデDHが盛んだったとか、最近 e-MTB が発売されたとか、結構情報通な方達でしたよ。

DSCF5232.jpg

休憩がてら、峠の雰囲気を十分に堪能しました。
一体どれ位のサイクリストが、この峠を越えて行ったのだろうか...

DSCF5239.jpg

さて星尾峠からは、線ヶ滝方面へと登山道を進みます。
実は数年前までは星尾峠から進んで直ぐ、道が崩落して通行止めになっていたのです。

しかし最近通れるようになったとの情報を得たので、やって来た訳です。

崩落個所は補修された風もなく、ロープで降下出来るようになっていました。
仕方なく自転車を担いで、片手でロープを保持して後ろ向きに降下。

先行きが不安です...

DSCF5241.jpg

ここから沢沿いに下って行くのですが、大雨の影響か道は不明瞭です。
沢沿いに下るので迷うことはないと思いますが、地図を持たずに入るのは危険です。

DSCF5242.jpg

道は不明瞭どころか所々で寸断しているので、ピンクテープと先人が積んでくれたケルンだけが目印です。

色褪せたピンクは緑の補色に近いのか、意外と目に付かないんですよ。
本当に、ケルンには助けられました。

DSCF5243.jpg

途中、明瞭な踏み跡が現れました。
登山道から逸れそうだったのですが、少し進んでみると踏み跡がパッタリと消えました...

踏み跡を良く見ると、沢山の蹄(ひづめ)の跡。
そう、明瞭な獣道だったのです。

地図を持っていなかったり、判断力が鈍っていると導かれてしまうことでしょう...

DSCF5247_201709102017543c1.jpg

凄くワイルドなトレイルでした...
荒船不動~星尾峠と違って、こちらは道標はありません。

DSCF5248.jpg

威怒牟幾不動方面と今回進む線ヶ滝・田口峠方面との分岐で、初めての道標が。
この道標も倒木が伸し掛かっているので、何れは壊れてしまうかも知れません。

DSCF5252.jpg

先ほどの分岐を過ぎると、一気に乗車率が上がります。
良い雰囲気のトレイルにテンションが上がります♪

DSCF5261.jpg

しか~し、またも崩落。
画像右方向に迂回路がありました。

DSCF5270.jpg

暫く進むと、線ヶ滝を経て星尾の集落に下りる登山道と、田口峠へ抜ける林道の分岐が現れます。

今回は田口峠に向かうので、右折します。
どうやら此処から、林道 星尾線が復活するようです。

DSCF5275.jpg

ここからダブルトラックなので楽に走れると思ったのですが、甘くはありませんでした。

一面が雑草だらけなので予想はしていたのですが、大規模な崩落で道が消失している所が2か所ありました。

DSCF5279.jpg

崩落箇所を超えたものの、林道は一面草ボーボー。
と言うことは、まだまだ崩落しているってことですね(笑)。

DSCF5281.jpg

天気は良いんだけどな~。
土砂で道が塞がっているよ~。

変なテンションになって来ました(笑)。

DSCF5286.jpg

お~!!立岩がこんなに近くに見えて来た。
と言うことは、田口峠も近づいて来たと言うことだ。

DSCF5291.jpg

眺望の良い場所を過ぎると、路面も良好になって来ました。
24"ミッドファットは、実に快適に走ります。

DSCF5293.jpg

そして暫くすると、田口峠へと続く県道93号が見えて来ました。
丁度、金魚のウンチみたいな九十九折れの上に出て来ました。

DSCF5297.jpg

林道 星尾線、終点です。

DSCF5299.jpg

此処からは県道93号を登り、田口峠へ。
ちょっとガスっていて、立岩は良く写らなかった。

DSCF5304.jpg

田口峠からトンネルを抜け、再び佐久へと下ります。
実は前回田口峠を訪れた時には、積雪で佐久方面に下れなかったんですよね。

ですから”やり損ねた感”みたいなのが残っていたので、今日は此処を下りたかったんですよね。

DSCF5307.jpg

そんな訳で?気合を入れて下り始めたのですが、まあ普通の山道でした。

日本で海から一番遠い地点、気になるけど今回はナシ(笑)。

DSCF5308.jpg

綺麗なコバルトブルーの、雨川ダムの湖面。
ダム好きとしはダム本体を見たかったのですが、気付かなかっただけなのか見逃してしまいました。

DSCF5309.jpg

川遊びをしている人達もいて、僕もドボンしたかったです。

DSCF5312.jpg

峠を抜けると、一気に長野らしい景色に。
十石峠もそうだけど、長野県側は斜度がなだらかなんだよなあ。

DSCF5314.jpg

県道120号とぶつかったら右折して富岡街道へ向かい、デポ地に到着です。
今日は八ヶ岳方面も、イマイチ良く見えませんでした。

DSCF5316.jpg

距離39km 累積標高1553m でした。

星尾峠から線ヶ滝方面へ下る道は不明瞭な箇所が多数あります、初・中級者の方には進められません。
荒船不動から星尾峠へのピストンなら、問題ないと思います。

Screenshot_2017-09-10-21-00-39.jpg


さて、来月辺りからシークレットトレイルの整備でも始めますか。
整備と言っても、道としての機能を維持するための整備であって、造り込むような整備ではありませんので悪しからず。

雑炊残念

パスハンティング
08 /13 2017
家族に無理を言って、パスハンティングに行って来ました。
向かったのは「秩父で一番美しい峠」と言われている、雁峠です。

雁峠と言えば笠取山の直近であり、昨年のGWのパスハンティングの際に訪れたのですが、その際は人が多く雁峠には行かなかったのです。

なので今回は、別ルートから雁峠を目指して登ります。
ルート的には、広瀬から亀田林業林道を登り雁峠へ、帰路は斎木林道で白沢峠まで行き白沢橋に降下というルート。

しかし事前に僕の中でルールを決めてあり、白沢峠~白沢橋のルートは雨が降った後なら中止して、行きのルートを戻るとしました。

これは当ルートに危険個所が在り、雨の後で滑りやすい状況に加え、自転車持参だと厳しいと判断したためです。

DSCF4931.jpg

秩父から雁坂トンネルを抜け、広瀬ダムの駐車場にデポ。

駐車場直近に流れ込む、これから遡上する広川の水量が多い。
この時点で、白沢峠には行かずピストンすることを決めました。

新地平バス停付近から、亀田林業林道へと続く道に入って行きます。
ちゃんと看板が設置されています。

DSCF4894.jpg

亀田林業林道に入りました。
社有地と思われますので、謙虚な気持ちで走らせて戴きます。

ゲートには、「登山競争、トレイルランニング禁止」の看板が近年追加されていました。
なかなか難しいものですね...

僕等自転車も、気を付けなといけませんね。

DSCF4897.jpg

暫くは路面も綺麗で、のんびり登って行きます。
あとは、青空が見れるといいんだけど。

DSCF4900.jpg

水場もありました。

DSCF4901.jpg

水場を過ぎると、水による路盤の浸食が出てき始めました。
しかも最近浸食されたようで、もしかして昨晩に大雨が降ったのだろうか?

DSCF4902.jpg

とうとう、沢床になってしまいました(笑)。

DSCF4904.jpg

昨晩大雨が降ったとしたら、この先の渡河が不可能かもしれないな。
嫌な予感がしますが、無理なら撤退するまでです。

DSCF4905.jpg

どんどん山深くなって多少は不安がありますが、所々に看板が設置されています。
しかし、立て掛けるタイプの看板ではないので、見落としやすいかな?

DSCF4909.jpg

ダブルトラックだった道も、いつの間にかシングルトラックっぽくなって来ました。

DSCF4912.jpg

しかし、踏み跡は明瞭です。

DSCF4913.jpg

渡河地点に到着しました。
やはり増水していて渡河は無理、この先は断念して撤退です。

雑炊残念 ⇒ 増水断念

DSCF4915.jpg

画像では渡れそうにも見えるのですが、ちょっとアングルを変えるとこの水量。
無理は禁物です。

DSCF4918.jpg

この広川の直線上に雁峠が位置するので、あの霧の掛かった部分が峠なのかな?
なんとなく、鞍部になっているような気がする。

DSCF4919.jpg

この先は、次の機会に。
大気が安定する、秋口にでも訪れたいですね。

DSCF4924.jpg

看板の下に、鹿の角が置いてありました。
誰かが置いたのかも知れませんね♪

DSCF4920.jpg

埼玉県側は降らなかったけど、山梨県側では大雨だったのでしょうね。
この時期は、こういうこともありますからね。

DSCF4928.jpg

立ち止まると、本当に涼しい。
20℃ないんじゃないかな。

立派な朴の木(ほおの木)の葉が、色付いていました♪

DSCF4929.jpg

草原に広がる夏空を目指しましたが、今回は残念。
しかし、金色の草原に広がる秋空を見てみたくなりましたよ♪

DSCF4925.jpg

米は硬めに炊いたのが好きです...

真に不可思議な、地下牢と呼ばれる道

パスハンティング
06 /04 2017
前回失敗した不可思議な道に、再チャレンジして来ました。

僕が住む街は山国、山は標高こそ余り高くありませんが、とても山深いのが特徴です。

故に、無数の林道が作られています。
あまりにも林道が網羅している為、秘境感を損なうと嘆く方もいらっしゃるようですが(笑)。

スケールの大きな林道は信州や四国には敵わないと思いますが、こじんまりとした優良なダート林道も多く残っています。

しかし、数が多ければ変わり種も出てくる訳で...

有名処では、林道なのに立体交差する奥秩父林道とか、険悪さに掛けては右に出るの者がないであろう大洞林道など個性には欠きません。

そんな個性的な林道が多い中で、一際不可思議な林道が存在します。
タイトルに記した、地下牢と呼ばれる道です(実際は異なる呼び名ですが、お察し下さい)。

勿論これは正式な名称ではなく、一部のコアなマニアの方々の間で使われている名称です。


ところで、一体何が不可思議なのでしょうか。
一つ目は、地形図を見ると判ります。

この道は舗装林道から、破線の登山道、そして実線の車道へと続き、最後は行き止まりになります。

あれっ!何かおかしくないですか?
登山道の先に車道があってもおかしくはないけど、その先は行き止まりなんです...

a_201705282351182d9.jpg

もう一つは、航空写真を見ると判ります。
林道が地下牢の如く、複雑に這いまわっているのです。

2017052522072917f_2017052823205400a.jpg

僕も暇さえあれば地形図を眺めたりグーグルアースを見ているので、この不可思議な地形には以前から気付いていました。

僕はどちらかと言うとMTBでシングルトラックを走るのが専門なので?調査は後回しになっていたのが実情です。

しかし、季節柄お湿りが多くなって来たので、調査してみようという訳です。

この道への敷居が高いのには理由があり、大崩落があったためです。
画像の大崩落の最上部に、本来の道があったのです。

なので詳しい地名等は載せませんが、悪しからず。
軽い気持ちでは近づいてはいけない場所だと思ってください。

DSCF4340.jpg

舗装林道から未舗装の林道を経て、登山道になります。
丁寧に作られた道だと伺えますが、とてもこの道幅を重機が通れるとは思えません。

DSCF4452.jpg

登山道を登って行くと、渓流釣りのオジサンに追い付きました。
とても気さくな方だったので、15分ほどお喋りをしながら一緒に歩きました。

この辺りの道に精通しておられる方で、色々な話を聞くことが出来ました。
別れ際に、「ここらは熊の巣窟だから気をつけろよ!」と言われ、先を急ぎました。

エゴノ木の花が咲いていました♪
実は、石鹸代わりにもなるんですよ。

DSCF4445.jpg

前回見逃した分岐を、正しい方向に進みます。
木道に差し掛かると、「はっ!」っとするような景色が飛び込んで来ました。

幽境な雰囲気の、渓谷でした。
この時は、安いコンデジしか持って来なかった自分を恨みましたね。

DSCF4458.jpg

地形図の通り、ダブルトラックになりました。
一体どうやって重機を運び込み、道を作ったのでしょうか?

DSCF4462.jpg

ダブルトラックと言えど、強烈な九十九折れで高度を稼いで行きます。
数十メートル押しては休んでの繰り返しです。

DSCF4463.jpg

林内作業車のデルビス号です。
皆さん珍しがるようですが、近所に現役で働いているデルビス号を子供の頃から見ているので...

まあ、好きな乗り物ではありますね!

DSCF4484.jpg

そして大崩落に到着しました。
大崩落の先に、道の続きだった平坦な部分が見えます。

DSCF4474.jpg

崩落してから数年経過していますが、未だ草木も生えないくらいの斜面です。
このような現場を見ると、自然の力に畏怖の念を感じずには居られません。

大崩落

大崩落2

大崩落を乗り越え?更に進みます。

DSCF4482.jpg

航空写真で見た通り、畝りながら高度を稼いでいることが分かります。

DSCF4496.jpg

小規模な崩落が連続している地点に差し掛かりました。

DSCF4500.jpg

道は荒れていますが、眺望も素晴らしくテンションが上がります。

DSCF4508.jpg

今まで登って来た道が、眼下に見えています。

DSCF4514.jpg

山田入林道にも負けていないんじゃないか?なんて思いながら、頑張って登ります!

DSCF4522.jpg

標高も1000m近くなって来たので、景色も素晴らしい!!
地元に、こんな凄い林道があったなんて驚きです。

DSCF4524.jpg

空に駆け上がるような気分です。
登りなので、遅いですが(笑)。

DSCF4528.jpg

この辺りは非常に獣臭く、恐らくカモシカのマーキングの匂いでしょう。

DSCF4531.jpg

そして林道の終点です。
その先はシングルトラックになり、稜線に出ると山頂まで登ることが出来るようです。

地形図を見ると、山の反対側の林道の終点との距離が直線で約500m。
将来的に繋がったとしたら、素晴らしくも険しい林道になりそうで楽しみですね♪

DSCF4535.jpg

終点から、登って来た方向を振り返って見る。

DSCF4534.jpg

全ルートを走破して達成感はあったものの、謎は益々深まるばかりです。

色々と調べてみた所、現在登山道の部分は昔は車両が通れる位の幅があったという記述もあるのですが、どうなんでしょうね。

道の状態は良好ですが、崖をへつるように作られた道が殆ど。
とても不思議です。

今現在ハッキリ言えることは、国土地理院の地形図は間違っていなかったってことでしょうか(笑)。

DSCF4552.jpg

24"ミッドファット、なかなか楽しいでござい♪

渓流釣りのオジサンも、「コイツはなかなか登れる自転車だぞ」と言って下さいました。

DSCF4511.jpg

山の神様、今日もありがとう。

真に不可思議な道、索道失敗

パスハンティング
05 /28 2017
土曜日は残業の後に車を飛ばし?群馬県の映画館に。
なんとかレイトショーで、「BLAME!」を観ることが出来ました。

ストーリーとしては、原作の電基漁師の集落でのエピソードにスポットを当てた感じでしょうか。
原作のコアなファンには物足りない部分もあるかも知れないけれど、僕は十分に楽しめましたね。

コアなファンには有名な「シャキサク」ですが、今作では新しい解釈?で登場したりします。
そんなことからも、コアなファンの為にも見所を作ってくれているような気がしました。

それともうね、ヅルが文句なく可愛いですね!
原作では素朴な女性でしたが、今作のヒロインなのでね。

もう一人のヒロインのシボ姉さんはクール&ドライ(Tシャツみたい)だけど、集落の人の為に統治局に掛け合うなど案外面倒見が良くてね。

そして今作でも屍→人型→腕だけ(爆)と、3形態披露していますが、人型のシボはやっぱり可愛いです!最高です!

キリイは原作通り寡黙で、シボがいい感じで通訳してくれてますね(笑)。
ラストで、ヅルの気持ちにも気付いていてサヨナラをする辺り、無口でいい奴って感じで好きですね。

サナカンも可愛いので、サナカン好きの方にもオススメです。

残念だったのは、既にパンフレットが売り切れだったこと。
勿論、限定で配布されるフィギアも無かったです。

期間中に時間が取れれば、もう一回見ても良いかなと思いました。
勿論、DVDは買いますね。

パンフレットが買えなかったので、今作とは関係ありませんがDVD化された BLAME! の2作品。
今夜は、これを見返してみたいと思います。

DSCF4418.jpg


今日は朝まで雨が残っていたのでトレイルライドは自重し、林道探索に出掛けました。
この地には知る人ぞ知る、真に不可思議な道が存在するのです。

しかし結果から言うと、ルートをミスして完全な山登りになってしまいました。
今日の反省点を基に、いつか再チャレンジしてみたいと思います。

と言うことで、何が不可思議なのかは次回があれば、その時に。

DSCF4352.jpg

山に入ると、酸味掛った匂いがして来ました。
正体は、藪手毬(ヤブデマリ)の花でした。

雨粒を受けて、元気一杯です。

DSCF4348.jpg

丸い石に苔が生えて、まるでマリモのようです。
どの位の年月を掛けて、ここまでなったのでしょうか?

DSCF4357.jpg

沢には、姫蓮華(ヒメレンゲ)が沢山咲いています。

DSCF4366.jpg

ザラザラで崩れやすい路面です。

DSCF4370.jpg

二人静(フタリシズカ)。

DSCF4380.jpg

今日の相棒は、Monkey 98ST6 24"Ver. です。

何故にこのバイクなのかと言うと、山の中を引っ張りまわすのに小径の24インチホイールは有利かなと。
一番の突起物である、ホイールが小さい訳ですから。

個人的な考えですが、山サイには24インチが意外と向いているのではないかと。

しかも24インチのミッドファットタイヤが出たことにより、軽量なカーボンのリジッドフォークと組み合わせれば、軽量で走破性の高い自転車になりそうです。

DSCF4393.jpg

ちょうど Grunge から 15mmTA のフォークが出たのですが、テーパードヘッドなんですよね...
OSコラム仕様を出してくんないかな(9mmQR仕様ならあるが)。

無2

今日の道も所々こんな感じで担いでいましたから、軽い方がいいに決まっていますね(笑)。

無題

湧水が真っ黒い岩の上をを流れているんだけど、あまりに黒光りしていて重油みたいだ。

DSCF4372.jpg

今回のミスは、分岐を一つ見逃してしまったこと。
もっと頻繁に地図を見ないとダメだね、反省。

DSCF4376.jpg

しかし、この破線の道も優先順位は低かったけど、いずれ調査する予定だったので良しとしましょう。

下りは結構乗車出来たしね。

b_201705290008061a8.jpg

c_20170529001512959.jpg

水が豊富な山です。
今日は、かなり奥深いところまで進みました。

DSCF4403.jpg

驚くべきことは、これだけ山深いのに遺構が多く残っていることでした。
昔の人は、これ程までに山奥に入って仕事をしていたんですね。

DSCF4346.jpg

こちらは完全に潰れた、山作業のための詰め所かな。

DSCF4378.jpg

再度の挑戦を誓って...

DSCF4402.jpg

再び麓に帰って来ました。

山奥の林道は、殆どこんな感じ。
もう少しで、標識も埋もれちゃいそうです。

DSCF4416.jpg