スペシャライズド ビッグローラー 24x2.8" テスト2

24インチ プラス バイク
05 /03 2017


今日は午前中限定で、ライドして来ました♪
相棒は24"ミッドファット仕様の 98ST6 です。

昨日一日中乗っていた98ST7は、謎のスローパンクチャーしてました。
恐らく植物の棘でも刺さっているんだろうな、Dirtwizard ペラペラだからな。

DSCN3487.jpg

他にも色々やっていまして、この EPICON はエアースプリングとロワーレッグの冷却・潤滑を、試験的にグリス→オイルに変更しています。

なので外見はSF12なのですが、中身はSF9と言う変則的な組み方をしています。

このフォークも結構ヤレテ来ていて、アッパーだかロワーだか分からないけど捻じれてしまっていて、アクスル(車軸)が真っ直ぐ入らないんだよな...

貴重なストレートコラム仕様ではあるんだけど、やっぱりMTBはMTBらしく乗りたいしね。

DSCN3485.jpg

山で使い出した BIG ROLLER 24x2.8" だけど、結構好印象です。

60TPI と本格的な?ファットタイヤと比べると柔軟性は落ちるかもしれないけれど、十分に柔軟なレベルだと思います。

たまに「ゴムまり」ちっくな跳ね方をしたりするんだけど、程度の差はあれど太タイヤにはありがちな挙動です。

上記を踏まえると、この手のタイヤの空気圧が如何にフィーリングに影響を与えるか理解出来るかと思います。

グリップに関しては、想像以上に良い印象です。
ルーズな路面でも、DirtWizard よりも良好なくらいです。

トラクションの掛かり具合は横方向よりも縦方向の接地面積が効いてくると思うので大径タイヤには敵いませんが、ケーシングがそこそこ柔軟なので木の根とか多少ガレているような路面でも26インチの普通幅?のタイヤよりもグリップは良好です。

僕も正直な所、値段の安さからあまり期待していなかったのですが、良い意味で裏切られたような感じです。

このタイヤは、引き続き使い込んでみたいと思います。

DSCN3437.jpg

僕の大好きな、竜胆(リンドウ)が咲いていました。
陽が当たっている時しか、花弁は開いてくれないんですよ。

DSCN3513.jpg

スポンサーサイト

潮流

24インチ プラス バイク
05 /01 2017
あまり話題にもなっていないかと思いますが、20x110mm のブースト化のお話。
個人的に思ったこと。

p5pb14641367 - コピー
(via: pinkbike.com)

もともと20mmTAは110mm幅ですが、今回はハブのフランジ幅もちゃんと拡張されると。

まあ僕も正直思ったのですが「何を今更」とか、「フランジ幅がそのままの旧規格がクソ」等厳しい意見が多いようですね?

しかし15mmTA と 20mmTA の両方を愛用している僕としては恩恵?も受けている訳で、完全否定は出来ません。
フランジ幅が同じ故にカラーで、9mmQR、15mmTA、20mmTA まで対応可能だからです。

まあ、コンパチハブ自体に嫌悪を抱く方もいらっしゃるみたいなので、今回はそこは無しで(笑)。

DSCN3473.jpg

ただ旧?20mmTA規格誕生前夜には、今ほどフランジ幅を拡げてホイールの横剛性を上げようと言う流れは薄かったはず。
マーベリックの24mmだっけ?アレはどうだったんだろう?

その時代に新規格が出現したとしても、果たして受け入れられる地盤が在ったか否かは誰にも分からないでしょう。

例え性能が優れていたとしても、その時代の潮流に乗れなければ淘汰されてしまうことも珍しくないと思うのです。

ってか凄く頭の良い設計者が現れて、決定版の規格とか作れないもんなのかね。
そしたらそれはそれで隙間パーツメーカーさんが困るか、僕も隙間パーツ好きですし(笑)。

でも自転車って人力故に奥深いんでしょうね~、HONDAのDHバイクの内装式ミッションの中身が、枯れた技術と思われた外装式ディレイラーと酷似していたように...

DSCN3475.jpg

少し脱線しましたが、そういう意味では再び 29er が見直されて来たし、或いは 20mmTA も?
世の中には、「20mmじゃなきゃダメ」って方もいらっしゃるようなので(笑)。

「また余計な規格が増えて~」と思うか、「より自分のスタイルに合った選択肢が増えた」と思うかはあなた次第。

大多数のホビーライダーさんは数年で乗り換えるでしょうから、それほど規格を気にする必要はないんじゃないかな?
逆にコンペ指向の方は、毎年最新のパーツで組むでしょうしね。

DSCN3441.jpg


GW真っただ中ですが、嫁が休み無しで働いているので大人しく(笑)。
昨年は、パスハンティングしたりしていたけど。

連休でも人が入らない山を選んで、24インチ・ミッドファットを山で運用し始めました。
現在は、どこまで低圧で使うか試行錯誤している所です。

DSCN3446.jpg

良さそうな、ナメ床を発見!!
夏場はドボン・ポイントか(笑)。

DSCN3455.jpg

確かにスペックだけ見ると廉価版タイヤだと思うんだけど、結構まじめに作られている気がする。
悪くない気がしますね。

無題

話は変わりますが、ワークショップ・モンキーさんの顔本をご覧になっている方はご存知だと思いますが、次ロットの98STからシートチューブ径が太くなるそうで。

言うまでもなく、ドロッパーポストに対応する為とのことです。

ここ数年で 98ST もテーパードヘッド化、リアTA化、ダウンチューブ大径化、そして今回のシートチューブの大径化と、マッシブな印象が強くなって来ました。

これは昨今のパーツの高剛性化への対応だけでなく、
今泉さんの「フレームを買ってくれた人が10年後もパーツ選択で困らないように」と言う、親心故の正常進化なんですね。

一方で現行シートチューブ径の乗り味を好む方も、いらっしゃるようです。

僕も実際の所 98ST6 の最初期型の乗り味が、優しくて好きなんですよ♪
僕みないな「ゆるポタオヤジ」には、優しいフレームが合っているんだね(笑)。

それに細いフレームも、セクシーだと思います!!
ダウンチューブは直径で3mm以上違うので、大分スレンダーな印象を受けますね。

DSCN3462.jpg

山から戻ると、ザーザー降りの雨。
丁度良いので?スポークの折れていたホイールのスポーク交換です。

DSCN3480.jpg

142x12mmTA で組んでいますがコンパチハブだからこそ、昔からの振れ取り台でも作業が出来ます♪
ハイ、ここでコンパチハブに戻るというオチでした(笑)。

DSCN3481.jpg

あ~パスハンするか、MTBでロングトレイルを走って、クタクタになってビール飲みたい...

DSCN3457.jpg

スペシャライズド ビッグローラー 24x2.8"

24インチ プラス バイク
04 /16 2017



日本全国に、どれだけ生息しているか全く分かりませんが...
24インチで山走りを楽しんでいる超ハードコア・ライダーが気になっていた?新しい24インチタイヤを履いてみました!

以前記事で紹介した、SPECIALIZED BIG ROLLER 24x2.8" です。
国内サイトに載った日に、速攻注文しました(笑)。

DSCN3372.jpg

先ずはこのタイヤについての概要ですが、要はキッズ用のミッドファットタイヤですね。

ケーシング 60 TPI 、ワイヤービード、重量は835g。
スペックを見る限りポジション的には廉価版になるかと思いますが、このサイズで835gと言うのは魅力的だと思います。

因みに同じようなサイズのタイヤで、HALO CEPTION(24x2.6") が約1200g。
HALO CONTRA(24x3.0") は1400g、MAXXIS HIGH ROLLER(24x2.5") が1050g ってところですから。

DSCF2642_20170416193208059.jpg

上記はDH用タイヤですが、BIG ROLLER は昨今のミッドファットタイヤのトレンドである低いブロックを多数配置した「面でグリップ」させるタイプのタイヤですね。

DSCN3374.jpg

気になるサイズですが、36mm幅のリムに履かせて実測70mmでした。
26インチ用フレームで使用する場合、26x2.4"が履ければ問題ないと思いますが、現物合わせを推奨します。
(履けなくても、自己責任でお願いします)

DSCF4008.jpg

SR-SUNTOR のEPICON(26"用)に履かせて、クリアランスは十分でした。

DSCN3405.jpg

感想を述べる前に、24インチMTBに乗るライダーについて考えてみました。
大きく分類すると、2種類に分かれると思います。

先ずはキッズや小柄な方で、26インチタイヤ以上のサイズを履く自転車が合わない場合。

このような方で流行りのミッドファットを試してみたいと言う方には、最適なタイヤとなるでしょう。
TLRではありませんが、可能であればチューブレスで組むのが理想だと思います。

a_2017041619375595c.jpg

そしてもう一方は、あえて自然地形では難しい24インチで自転車を振り回して楽しみたい♪と言う、変態さんですね(笑)。

その中でも、「もう少しグリップが欲しい」とか、「エアーボリュームがあったらなあ」という方向けですかね。

今回、そのような使い方を想定して色々と楽しんでみたのが、以下の感想です。
まだ2日間しか乗っていないので、箇条書きでスミマセン。

・思っていたよりもバイクを起こそうと言う力が強く、コーナーで寝かせ辛い。
・ミッドファット&ファット特有の地面に張り付く感じで、地離れが悪くエアーターンが難しい。
・ハードパックな路面ではタイヤが跳ねる上に、絶対的なグリップは高くないのでリアはブレーキロックし易い。

・スムースな路面ではグリップも良い。
・グリップの限界は高くないが、限界が低いのでコントローラブル。
・ダブルトラックでは、見た目よりも漕ぎは軽い。

DSCN3371.jpg

上記のような感想ですが、SNSのミッドファット愛好家の意見として
「タイヤ幅が2.6"近辺を境に、メリットとデメリットが逆転する」という話がありました。

これは個人的にはかなり的を得ていると思っていまして、僕も同様の意見です。

あくまでも個人的な好みの話ですが、
自分から積極的に跳んでラインを変えて行くような乗り方の場合、少しダルいかなと感じました。

勿論チューブレス化して運用すれば、また印象も変わると思いますが...

僕は未だ使ったことが無いのですが、SCHWALBE の FAT ALBERT 辺りがベストなのかな~なんて。

しかし、タイヤが無ければ走れないのが自転車。
ただでさえ選択肢が無い24インチタイヤですから、素直に歓迎したいものです。

チューブレス化して化けたなら、またレポートしたいと思います♪

そして敢えて書かなかったけど、驚きの¥2.700/1本 !!
スペシャで良かった(笑)。

DSCN3389.jpg

ちょっと?遊び過ぎちゃいました(デヘ)。

DSCN3427.jpg


ATB

24インチ プラス バイク
02 /19 2017
ある日パパと二人で 語り合ったさ~ ♪
この世に生きる喜び そして悲しみのことを~ ♪

ぐりん ぐりん ♪

x_20170219173822118.jpg

今日は一日用事があるので、早朝に1時間ほど乗って来ました。
昨晩雪が少し降ったので、溶け出す前に撤収するのも理にかなっているかな。

DSCN3236.jpg

面白いよな、昨日は氷点下の雪原を走っていたのに、今日は「ぐりんぐりん」走っている。

昨今の自転車は特化・細分化が進んでいて、自転車好きにとっては、それもまた面白いけどね~。

y.jpg

そもそもMTBとは言うけれど、ATB(All Terrain Bike )=全地形自転車とも呼ばれる訳で、余程極端なジオメトリを採用していなければ、そこそこ何処でも走れちゃう訳で...

僕も自分のスタイル(遊び方)が固まっていない時は色々な性格の自転車を買ってみたけど、やっぱり乗る頻度の高い自転車は次第に決まって来るんだよね、不思議なことに。

だから自分が何をやりたいか未だ分からない人は、尖ったスペックを求めずに、基本性能がしっかりしたコンベンショナルなフレームを選んでおけば損はないと思いますね。

平凡な自転車でも、乗り手次第で平凡でないライドは幾らでも出来る。
※平凡な自転車=守備範囲の広いオールマイティーなという意味。

z.jpg

昨日のライド、標高が下がると日向はビショビショになっていました。
自転車の大敵、塩カル水をたっぷりと浴びてしまった。

帰ってから直ぐに自転車を水洗いして、暫くシートポストを抜いて逆さまにしてから6-66を吹いて防錆。
一番やられるのが下側のヘッドパーツなので、フォークを抜いてベアリングに付いた水気を拭き取りグリスアップ。

ふとリアハブを見ると、水分を取り込んで乳化したグリスが見えたような気がしたので、念のため分解してみると...

乳化し辛いという SUPERZOIL グリスですが、ここまで乳化したのは初めて。
グリス自体はグリスアップして間もないので綺麗だけどね、勿論清掃してグリスアップしました。

だから、あまり暖かくなってからは走りたくなかったんだよなあ(笑)。

DSCN3245.jpg

因みに、元のグリスはこんな色。
綺麗な飴色ですね。

Finishline のテフロングリスがあんな色だけど、勿論違います(笑)。

DSCN3249.jpg

因みに僕の自転車は、全部 グリーン グリーン です。

TRITON BIKES の 24" Fat Fun Bike Project

24インチ プラス バイク
02 /08 2017
あの TRITON BIKES が、24インチFAT をやるのか!?
画像は以前デザインされたもので実際にはビルトされなかったらしいが、想いが再燃しているらしい!?

しかも「 Fat Fun Bike」 と言う事なので、ヤンチャな走りが期待出来そうなデザイン♪

TRITON と言うと高品質なチタンフレームですが、以前からストトラ車等も積極的に作られているんですよね。

FAT BIKE 界に”FF”なるキーワードを刻むことは出来るのか!?


いやね、ここ数か月なんですが、ロシアから定期的に弊Blogにアクセスがありまして... (本当)

とうとう、気付いちゃった!? (冗談です)

1 - コピー
(via: facebook.com)


冗談は置いて於いて、
小径故の”機敏さ”と、ファットタイヤの”おおらかさ”の、絶妙なバランスに気付かれたんでしょうね多分(想像)。

「濃い!」じゃなくて、「来い!24インチの小波!」。

DSCN2410_20170208204357d13.jpg


今、良い意味でも悪い意味でも?渦中のアレですが...

良いアイデアでも、特殊な技術が必要でない物では仕方のないことなのかな?
個人でも見栄えさえ気にしなければ(そもそも見えない)、十分に作れちゃうしね。

少し遡れば、樹脂シートのフェンダーでも同じようなことがありましたが。

一般的に手に入りやすいのはヨガマットでしょうけど、TRUSCOの発泡ポリエチレンシートなら大抵の製造現場で使っているのではないでしょうか?



素晴らしいアイデアにリスペクト出来る方は、オリジナル商品を買ってあげるのも意味のある事だと思います♪