Video Diary

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ランチ前に軽く走りました

今日はカミサンとランチを食べ行く予定なので、早朝にローカル・トレイルを軽く走って来ました。

DSCF6003.jpg

山は、まだまだ雪が残っていますね。
日差しが無いと、やっぱり寒いな~。

DSCF6005.jpg

山の入り口で、猟友会の方々が焚火を囲んで準備をしていたので、

僕「この先、大丈夫ですか~?」
猟友会「あ~大丈夫だよ、でも犬に喰われんなよ~♪」

最後の一言、余分だろ(笑)。

四輪駆動の彼らにMTBでは勝てないことは、普段から重々承知しています。
カモシカやシカは、あり得ないような急斜面を走り回っているし、山の中を走る犬も然り。

以前、モンキーさんのフルサスの開発者であるKさんのワンコのクロ助君と一緒にトレイルを走ったことがあるのですが、もの凄いスピードでトレイルを縦横無尽に走り回っていました。

僕も余裕で追い抜かれてしまったのですが追い抜き様にクロ助君、その可愛い眼差しで「お前が遅いんじゃボケ」と可愛い声で言った(気がした)んです。

思わず「スミマセン、精進します」と心の中で言ってしまった僕でした。

もうね、全力走る猟犬に狙われたらMTBでは絶対に逃げられませんから、洒落にならないからね猟友会のオジサン達(笑)。

P1010007_2018022517031096b.jpg

さてさて、ぐるっと周って良いライドになりました♪

オタカラ2の入り口の踏み跡が目立って来たので、エントリー方法について行く行くは相談したいです → ローカル各位

DSCF6006.jpg

RENTHAL のカーボンバー、微振動は吸収してくれていそうですが、思っていたよりも硬い印象です。

PinkBike の方で「RENTHAL のカーボンバー買うた」って書き込んだら、「それ、折れるから気を付けなはれや~」って言われました(笑)。

まあ、猛者共の集まりですからね(汗)。
僕がもし折るとしたら、変なコケ方をした時でしょう...

DSCF6011.jpg

ライドが終って池に張った氷を見ると、まるで水墨画で描かれた木の枝のようでした。

一羽のセグロセキレイが、氷の上を忙しなくエサを探して歩きまわっていました。

この木の模様の上に来たら面白い構図になるかな?なんて思いながら、「のどかだなあ」と眺めていた刹那、一羽の猛禽がセグロセキレイに襲い掛かりました。

DSCF6014.jpg

巧みな回避術で難を逃れたセグロセキレイでしたが、僕にとってはのどかに見えた光景も野生動物にとっては厳しい世界だったのです。

そんなことを考えると人間はなんて思うのですが、長時間労働を強いられる現代に生きている僕等も、見方によっては日々命を削って生きているのかも知れませんね。

生きて行くからには、何らかの代償を払っているのかもしれない。
でも、もう少しワーク・ライフ・バランスとやらを、現実味のあるものにして欲しいものです...

DSCF6013.jpg


モンベルの新しいサイクルラインですが、バックパックだけでなく新作が増えていますね。
この、サイクル ニーシンガードなんかも良い感じですね。

k_1130494_bk.jpg
(via: montbell.jp)

以前紹介しましたが、僕はネオプレン レッグガードをニーシンガード代わりに使っていたんですよ。

ネオプレンレッグガードは、ジジイのモモヒキみたいな色が気に入らなくてね。
コレが出るなら言って欲しかった(笑)。

DSCF4942_20180225171402fce.jpg

なんでもモンベル本社にMTB愛好家が居るらしいので、より MTBer 向けのラインナップの拡充を期待出来るかもしれませんね♪

僕としては、MTB用のジャージが現在は七分丈のジャージしかラインナップがないので、もう少し厚手で長袖の秋~春に掛けて着れるジャージも欲しいですね。

宜しくお願いします!!

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド モンキー98ST7 トレイル犬

索道三昧

晴天の土曜日、なのだが午前中は仕事してました。
T.Jが休みと言うことで、ライドに誘って貰ったけど行けず(涙)。

昼で仕事を切り上げ、カミサンに許可を貰って日没までライドです。

普段であれば時間の限られる午後ライドの場合、確実に楽しいトレイルを走るか、割り切ってトレイル整備なのですが、今日は先週の日曜日にグラベルバイクで走ったルートにあったトレイルの入り口が気になってしまい、トレイル探索へと向かいました。

今日はトレイルを走ることがメインなので、MTBです♪

DSCF5996.jpg

先日走った未舗装の林道までのアプローチですが、今日は別ルートの未舗装林道からアクセスします。
この道も過去に、グラベルバイクで探索した道です。

DSCF5956.jpg

このルートを選択した理由は気分を変えたかったのもありますが、以前T.Jとトレイル探索の末に見付けられなかった幻のトレイルの途中に接続出来そうな道を見つけて居たからです。

その道の分岐にも、道祖神が祀られていました。
昔は、重要なルートだったのかも知れません。

DSCF5948.jpg

幻のトレイルへの道は、尾根を一つ越えるルートなので大変でした。
至近距離でカモシカが僕に気付き、逃げて行きました。

斜度がキツイので途中で自転車を置き、谷を降りて行きます。

DSCF5954.jpg

とうとう見付けました、T.Jと探索して見付けられなかった道です。
入り口は先週見つけたのと、中間地点は今日確認出来ました。

後日改めて探索してみたいですが、一人だと心細い探索になりそうなのでT.Jと相談してだな~。
でも、道が存在することが分かっただけでも収穫でした。

DSCF5952.jpg

苦労して下りて来た道を再び戻り、先週のルートへと向かいます。

この程度の路面であれば、MTBよりもグラベルバイクの方が走りますね。
タイヤ外径のせいなのか、ドロップバーのせいなのか分からないけどね。

DSCF5957.jpg

見事な踏み跡ですが、コレは人間の踏み跡ではなく獣道です。
午後の低い日差しの影響なのか、見事に浮き上がりました。

DSCF5947.jpg

ようやく尾根を走る未舗装林道に辿り着きました。

DSCF5963.jpg

昔この峠は、各集落を繋ぐ要衝だったのでしょう、先週は気付きませんでしたが峠には祠がありました。

DSCF5973.jpg

さて、これからは日曜日にチェックしておいたトレイルの入り口を、時間が許す限り探索します。

先ずは1本目のトレイルです。
先週も書きましたが、昔この山では炭焼きが盛んで、焼いた炭を里まで運ぶためのソリ道が沢山あるのです。

里まで下りて出口まで確認、結果とても良いルートでした♪
但し人は全く入っていないようで、そこそこ整備に時間が掛かりそうですが、時間をかけるだけの価値のある道でした。

DSCF5972.jpg

トレイルの分岐に、道祖神と馬頭観音が鎮座していました。

1体は崩壊していますが、恐らく4体あると思われます。
この地域で、これだけの規模のものは珍しいです。

DSCF5966.jpg

昔は、沢山の人が歩いて山を挟んだ集落へと向かったのを見守っていたのでしょう。
文政10年と読めますから、191年前に建立されたようですね。

DSCF5967.jpg

一旦里まで下りて再び尾根まで戻りました、足がガクガクです(笑)。
でも、僕の探求心は止まりません。

先週僕が尾根道を目指して登って来た道を、逆に下りて行きます。

DSCF5980.jpg

そして現れた分岐、僕は先週尾根を目指し画面右上に向かったのですが、今日は直進して里まで下りる道を探索です。

DSCF5982.jpg

この道は、時間が限られていることから探索するか悩みました。
地形図を見ると、谷を巻くようにトラバースしていることが読み取れたからです。

人が入らなくなった道で、先ず崩壊が始まるのがトラバース部でしょう。
予想通りトラバース部が崩壊していましたが、ちゃかり分岐して迂回できる道もみつけたので、このルートも整備すれば十分に楽しそうです。

DSCF5987_20180224190609abc.jpg

時間的に最後かな、本日3本目。
実は、この道に一番期待していました。

DSCF5990.jpg

結果、最高なルートでした♪
整備も必要最低限で済みそう。

DSCF5993.jpg

トレイルが二股に分岐して、片方はバーム、もう片方はドロップオフになっていたりして、T.Jが好きそうなルートでした。

あちゃ~野郎のことを考えちゃうなんて、僕ノーマルですから(笑)。
冗談はさて置き、一緒に走って楽しい奴ってのは大事だよね。

午後の限りある時間内でしたが、実りある探索になりました。

DSCF5995.jpg

帰りは、先週とほぼ同じルートの舗装道を帰ったんだけど、移動はやっぱり辛いよMTBはね。
舗装路で繋いでグラベル林道やトレイルを走るなら、グラベルバイクはやはり使い勝手が良いよ。

先日インフルエンサーが「今年のNAHBSでタイヤが太くなっているから揺り戻しで来年は細くなる」って言ったら、後ろ盾を得たかのようにグラベルバイクをディスっている奴が居たけど、一口にグラベルバイクと言ってもMTB寄りの性格のものから現代版ツーリング車的なものまで様々です。

それ以上に乗り手のスタイルは多様だし、楽しむフィールドもまた然り。

良質なトレイルやグラベル林道が点在しているフィールドであれば、それを舗装路で繋いで乗るような楽しみ方には、これ以上向いている自転車はないと個人的には思う。

どうしてこう、自分で乗りもしない自転車のことをとやかく言う奴が多いんだろうね、一部の自転車乗りは。
まあ、他人のことをとやかく言う奴は、きっと本人が遊び方に満足出来ていない人なんだと思います。

自転車は、自分で漕いで自分で行き先を決めて進んで行くもの。
他人に過干渉ばかりしていると、自分の進むべき道も分からなくなるよね。

だから僕には、自分のスタイルを持っている自転車乗りは魅力的に映るしリスペクト出来る。
さあ下らないことに貴重な時間を浪費していないで、ペダルを漕ごうよ!!

Ride On!

DSCF5978.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイルライド 索道 古道 モンキー98ST7 26インチプラス

Escape to the mountain

今日は気分的に、グラベルバイク(モンスタークロス仕様)に乗りたくて。
でも普段僕が走っている林道は雪が沢山残っていて、何処を走ろうかなかなか決められない。

と言うのも、ウインター用のSPDシューズを欲しいと毎年言っておきながら、今年は資金がカーボン・ハンドルバーに化けてしまったのです(笑)。

僕は貧乏なので、冬になるとソックスのつま先にラップを巻いて、普通のSPDシューズで走っています。
普通の状況であれば、気温5℃程度なら十分に耐えられるのですが、雪道を走ると足底(ソール)からキンキンに冷えるんですよ。

そんな訳で悩んでいたのですが、朝起きたら山が真っ白に!
「どうせ雪があるなら新雪でしょ!」ってことで、山に向かうことに(単純)。

家を出ると猛烈な北風です。
こりゃ、日本海側は大変なことになっているなと思いつつ走るも、自転車が進まないわ、内臓も冷えて来るわで、どうしたものかと...

しかし山の民である私は、こんな時にどうすべきか知っているのです!

山の中に逃げ込もう!
Escape to the mountain.

DSCF5878.jpg

山の中に入れば、木々が風を遮ってくれるので寒さも弱まります。
山の中は静か、荒川静香、羽生君、宇野君、おめでとう!

僕は、あまり自分のルールに縛られないタイプの人間なので、すぐさま目的地を変更。
小さなパン屋さんに、目的地を変更しました(笑)。

しかし、出来るだけ舗装路は通らずに、未舗装の林道やトレイルを繋いで走ることとしました。
一つルールを決めたことで、俄然楽しくなって来ましたよ~♪

DSCF5885.jpg

早速、未舗装の林道を走りますが、山栗が大量に落ちていて心配です。
IRC MYTHOS XC は好きなタイヤですが、履いて速攻パンクしたし、トレイルで木の枝が刺さって大穴が開いたのを見ているので落ち着きません。

でも、ここでもイガが刺さった DirtWizard よりは強かったようで、無事でした。
(その分軽量なのです)

DSCF5895.jpg

未舗装の林道からは、シングルトラックで里まで下ります。
ドロハンだと、フロントを抑え込むのが難しいですね~。

いや~、MTBで走っても楽しそうな道だったので、また来よう。

DSCF5904.jpg

一旦舗装路に出てから、再び次の林道に向かいます。

昔は未舗装でしたが、民家がある場所まではコンクリートの簡易舗装がされていました。
斜度が急なのと路盤が脆いので、アスファルトでは舗装出来ないのです。

DSCF5910.jpg

民家が無くなると、未舗装の林道?に変わり...

DSCF5912.jpg

やがて、シングルトラックに。
ここから、再び未舗装の林道と交わる峠までシングルを進みます。

DSCF5918.jpg

先ずは、名の無き峠に到着。
シングルトラックの三差路になっています。

今は名の無き峠ですが、昔は要衝だったのかも知れません。
その証拠に、立派な祠が祀られていました。

DSCF5924.jpg

僕は次の峠へと向かうシングルを進みますが、もうMTBで走ったら楽しそうな道ばかりで卒倒し掛けました。

次回は、MTBで来たいですね!
勿論この自転車でも楽しいのですが、言いたいことは分かりますよね(笑)。

DSCF5926.jpg

変態が好きそうな道が多い訳は、馬がソリを曳いた道の名残だからです。
その証拠に、尾根付近には炭を焼いた窯の跡地と思われる窪みが多数残っていました。

昔ソリを曳いて炭を運んでいた人達も、案外グネグネ道を楽しく使っていたとかね!

DSCF5929.jpg

尾根を走る未舗装の林道に接続出来ました。

今日のルートファインディング、俺氏冴えまくり!!

DSCF5930.jpg

途中からは良く整備された道に変わり、最高に気持ち良かったです♪

DSCF5940.jpg

グラベルバイクの初心者さんには、安全に楽しめる道かも知れません(但しシングルを除く)。

DSCF5941.jpg

寄り道・遠回りになりましたが、目的地の小さなパン屋さんに着きました。

今日は、ピザトーストを買いましたよ♪
欲を言えばコーヒーも飲めると嬉しいですが、小さなパン屋さんなので仕方ありませんね。

DSCF5942.jpg

パン屋さんからの帰路は、舗装路で帰りました。

良く通る道ですが、馬頭観音があることに気付きました。
今日は馬がソリを曳いた道で遊ばせて貰ったので、さい銭をば。

因みに、文化5年(210年前)に建立された石碑でしたよ。

DSCF5944.jpg

最近ロードバイクでも、フロントシングルの流れが起きており、各方面で論議が交わされていますが、僕としてはMTBでフロントシングルの恩恵を受けているので、ロードバイクでもギア比さえクリア出来れば歓迎すべき物だと思っています。

恐らく多段化が進めば、普通の?ロードバイクのギア比であればカバー出来るんでしょうね。

しかし僕が好んで乗るようなグラベルバイク(アドベンチャーロード)は、ロードバイク並みの高速性と、MTB並みの登坂性能が要求されます。

僕の自転車の場合、高速側は46T×11T、低速側は24T×32T です。
これはケイデンス(rpm)を80と仮定すると、時速46km/hから時速8km/hをカバーする計算になります。

「そんなギア使うのかよ~」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このような遊び方を知らないだけです。
実際に今日も、帰りの平坦な舗装路では時速40km/h出ていましたし、トレイルでは一番低いギアも使いました。

このギア比をカバーするのは相当な多段化が必要となるかも知れませんが、もしカバー出来るものであれば、是非ともフロントシングルにしたいですね~。

因みにワイドレンジになると多段化が必要になるのは、人間のパワーバンドが凄く狭いからですね。

DSCF5933.jpg

流行り物のように取り上げられているグラベルバイクですが、ちゃんと遊ぶにはMTB程ではないにしろフィールドが必要でしょうね。

僕的には太いタイヤを履かせてモンスタークロス仕様にしてあるので、舗装路からシングルトラックまで楽しめるので、ロードバイク、MTBとは違った楽しさを見出せています。

もしもグラベルバイクが欲しくて買った方は、是非とも”道”に詳しい方に案内して貰うのが良いと思います。

今日僕が走ったルートも、この地にもロードバイク乗りは沢山居らっしゃいますが、殆どの方が知らない道だと思います。
勿論、端から興味がないって方も多いとは思いますけどね。

自転車乗りにとって、楽しい道を知っていることは本当に財産になります。

勿論ネットで調べて出て来るようなルートも良いでしょうけど、自分でルートを引いて事前情報無しに走るのも最高に楽しいですよ。

初心者さんが山に一人で入ることは安全上オススメ出来ませんので、ベテランさんにアテンドして戴きましょう、念のため。

DSCF5891.jpg


走りそうなスケルトンでモンベルのMTBが話題になっていますが、サイクルラインも更に充実してMTB用のバックパックも出たようですよ!

カタログが更新されたようなので、モンベルの製品が好きな方はショップへGO!

k_1130507_htgn.jpg
トレールライドパック 15

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : グラベルロード モンスタークロス MASI 古道 林道

新規ルート完貫

NAHBS 2018 始まりましたね!
トレンドに敏感なビルダーさんが参加されていますから、楽しみですよね♪

僕的には、僕の好きな蓬(よもぎ)色が増えたら嬉しいなと思いますが、トレンドとは関係ないですね(笑)。

NAHBS-2018_Toresvelo-7.jpg
Road to NAHBS 2018: 9 Q’s with Anton Gorbunov of Tores Velo

NAHBS-2018_Adam-Sklar_Interview_Sklar-Bikes-10.jpg
Road to NAHBS 2018: Interview with Adam Sklar of Sklar Bikes

そそ、エアースプリング&エアーダンパーのフォークの件ですが、台北ショー以降に動きがあるようですね。
お返事ありがとうございます、アクション派の皆さん期待して待ちましょう♪


今日は仲間にライドに誘って戴いたのですが、仕事が間に合わなくて半日出勤していたので残念でした(涙)。

仕事を終えてから日没までの時間を使って、新規に開拓しているトレイルの整備を行いました。

因みに、ここで言うトレイル整備とは”道としての最低限の機能を維持するための整備”であり、MTB用のコースにするような整備ではありません。

強い冬型の気圧配置の影響で、雪雲が山を越えてやって来ます。
ずっと風花が舞っていましたね。

DSCN4145.jpg

今日は主に、懸案だった倒木の処理を行いました。

DSCN4149.jpg

今日だけでも10本以上の倒木を処理しました。
ホント、疲れた~。

残りは後日、T.Jに手伝って貰いましょうか。

無題

このトレイルが面白いのは、2本のトレイルが分岐しては合流を繰り返すんですね。
気の合った仲間とライドすると楽しそうです♪(衝突注意)

また下り系の里山トレイルは一気に里まで下りてしまうパターンが多いのですが、このトレイルは周回が可能なので最初の1本に有用なんですよね。

DSCN4151.jpg

ローカルライダーの仲間には、来月にでもアテンドしたいと思います♪

完全に人が入らなくなると、倒木が一気に増えて道が死んでしまいます。
適度に人が入った方が、道を維持出来るんですね。

ですからローカルライダーには積極的に新規ルートを公開していますが、前提としてマナーやルールを守れる方に限ります。

この地では過去に、オープントレイルを商業目的で利用するために一般ライダーを車で幅寄せ威嚇するような事態も起きていますし、皆が大切にしているトレイルにキッカーを作ったりカッティーで荒らす悪質な行為が起きています。

トレイルを走るためのマナーやルールは別に特別なことを求めている訳ではなく、当たり前のことなんですよね。

皆が当たり前のことを守っていれば、そんなものも必要なくなるんでしょうけど現実は甘くない。
守っている人間達の方が損をする、世知辛い世の中ですね。

↓ こんな状態から整備しているんだから、やりたい放題やられると怒りを通り越して悲しくなるよね。

DSCN4155.jpg

最後は愚痴っぽくなってしまいましたが、良いルートが出来たので早く仲間と走りたいですね♪

エロロ軍曹は熱を出して寝込んでいるようですが楽しみにして於いてください、お大事に。

DSCN4161.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : MTB トレイル整備

プロフィール

Danny T

「首都圏の秘境」と呼ばれる地を走る、雑食系バイカーのBLOGです♪

過去に腰椎骨折、椎間板ヘルニアでも、楽しく乗ります!

Author:Danny T


t_20130311192032.gif















カテゴリ
月別アーカイブ
リンク